■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
tennen の風景  -tennen No.75-
tennen の風景    -tennen No.75-

IMG_7025_convert_20090630040025.jpgIMG_7030_convert_20090630041504.jpg
photo: tennen より

ある日、tennen で すっごいものを見つけました!
水もないのに、根が生え 花が咲いている植物です。
  ちゃんと根は下へ、花は 上へと伸びていくものなのだ・・・
  と、negiちゃんと二人で 感心しました~♪

そして、今日のnegiちゃんスタイルが 大自然にマッチしていたので、
すぐ裏の草原???に飛び出し、パシャパシャ写真を撮って遊びました。

IMG_7052_convert_20090630040541.jpgIMG_7034_convert_20090630040824.jpg
photo: tennen より

   さてさて、negiちゃん家の夏は、蚊取り線香だそうです。
   ぐるぐるうずまいて・・・・わたしん家も 去年から蚊取り線香です。
   なんとな~く、ぐるぐる 懐かしい光景が、好きだよね・・・・・negiちゃん!

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



スポンサーサイト
negiちゃん家 -tennen- | 04:11:45
もう一度、除草剤 -わたしん家の田んぼ ④ -
もう一度、除草剤 -わたしん家の田んぼ ④ -

IMG_8002_convert_20090629064547.jpgIMG_8001_convert_20090629064725.jpg
photo: 実家の田んぼ 

6月20日、苗を植えて はじめての除草剤をやりました。 (わたしん家は、2回目)
  ※水にうもれた状態で 13日に植えついだ小さな苗も、なんとか成長中!!

田植えが終わってから、1週間目あたり
この除草剤をまくのは、わりと一般的なようです。

  早くやりすぎると、苗のほうが枯れてしまう。
  だから、丈夫になりはじめた1週間目にまいてあげるのが良いそうです。

  まくのは顆粒剤。 草を枯らす または、出てこないようにするわけなので
  その後 7~10日間、田んぼには水があたった状態を維持する必要があります。

さて、わたしん家には、顆粒剤をまく機械がありません。
手でまいてもよいのだけれど、仁保・山本さん家で機械を貸していただきました。
  「粒が一箇所に集中すると、苗が枯れる。
   まんべくなくまくには、機械があったほうがいい。」
そんなアドバイスをもらい、機械の使い方・顆粒剤のまき方を 山本さんに教わって
翌日、苗ある田んぼに はじめて入りました。

まだ草は生えておらず 「田植えの前にまいた除草剤が効いているのかな・・・?」
そう思うけれど、よその田んぼにも まだ草の姿はみえない。
とにかく 「稗を抜く作業に追われるのは嫌だなぁ・・・」 とオモイ、除草剤をまきました。

IMG_7502_convert_20090629065704.jpg
photo: 小さなおたまじゃくし発見

歩くたんびに、小さなおたまじゃくしが 私の足元をよけていった。

  「お!生物がおった!」
  薬をまくと、生物さえも生きることができなくなるのでは?
  そう思っていたけれど、おたまじゃくしや カブトエビ、めだかみたいな生物もいました。

小さな苗のそばに、顆粒剤がポツポツと落ちていく。
  「これで、大丈夫だよね・・・?」
  「私のまき方が悪かったら、苗が枯れる? または、稗が生えてくるの?」

IMG_7177_convert_20090629070502.jpg
photo: 捨てられる苗箱

悲しい光景を見ました。
今年、なぜか苗箱を注文しすぎたようで、苗が捨てられていました。
   その苗の根は、逆さにされても ものすごく力強くて、
   何気なく食べている お米の生命力を ここに見るのでした。
   
さてさて今から1週間後・・・。田んぼは無事なのか?
除草剤をまき終えてみると、小さな稗らしきものをポツポツみつけ、不安になりました・・・。
16日には、全くなかったのになぁ。
  つづく・・・・。

  ☆ 田んぼの草抜きは、最初の1週間~2週間目が勝負だそうです。
  
※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



わたしん家の田んぼ | 06:15:20
環境サロン なないろ -山口市・さぽらんて-
環境サロン なないろ    -山口市・さぽらんて-

IMG_8091_convert_20090628121451.jpg
photo: 市民活動支援センター さぽらんて

6月21日(日)、夏至の日。
いろんな場所で、キャンドルナイトが行われていましたね。
     ※キャンドルナイトとは・・・電気を消し、環境を考えてみようという世界中のイベントです。
  私は、一の坂川周辺地区ブロック協議会:主催の 小さなキャンドルナイトに参加しました。
  みなさんは、どんなスローな夜を過ごされていましたか?
  
さて、6月は環境月間!
6月21日 同日、山口市市民活動支援センター・さぽらんて では、
環境をテーマにした 『環境サロン なないろ』 が行われました。
(主催: 食・農・環境ネットワーク なないろわたげ
当日は、市民活動団体 10団体が集まり、展示、体験、紹介、物販をすると共に、
団体間の交流を深めました。

◆参加団体は、こちら ↓↓↓
  ピース☆バンビーノ、ネロリの会、ケニアを知る会、ケニアを知る会を知らせる会、
  ストークバム、笑う木小屋、すろーふーどらいふ山口ネット・和、ミノリティ、
  黒五郎、チームいきなりだんご、学生・社会人の皆さん

今日ここで一緒にイベントをするみんなのテーマは、
       「わたしたちの守りたいもの 大切にしたいもの」

13:00~からの開催を前に、11:00~参加団体の お食事&交流会タイム を兼ねて
トイトイ(山口市)さんのカレーをいただきながら、このテーマについてみんなで語りました。

IMG_8107_convert_20090628124109.jpgIMG_8114_convert_20090628124356.jpg
photo: トイトイさんのカレー & 参加メンバーがつくったお米 & 交流会の様子

◆わたしの 守りたいもの 大切にしたいもの
小さなカードを持って、簡単な団体の紹介をし、その後参加者一人ひとりが、
「守りたいもの大切にしたいもの」 を、言葉(文字)・声にしていきました。

  言葉(文字)にするって素敵ですね。
  出てきた文字は、人それぞれですが・・・・・
  これまでの経験をふまえての言葉なので、なんとも力強い!!
  オモイをお話してくださる姿が、みなさんまっすぐで カッコよかったです。

多かったキーワードは、 「子ども、自然、出会い、つながり、笑顔・・・」
声にしないと わからなかったけれど、みんなオモイは同じでした。
何らかの出会いがあったからこそ、今の活動につながっているんだなぁ・・と感じました。

IMG_8177_convert_20090628125250.jpg photo: みんなオモイ

◆オープニング
オープニングは、黒五郎ひろしさんとその仲間& ストークバム さんの
パフォーマンスも加わって、さぽらんての前は ちょっとしたお祭り気分でした!
  道行く人が たちどまり 「何かな??」 っと、見ていく。
  この何気ない一瞬に、出会いが生まれるチャンスがあるのだ・・そんなスタートでした。

                    IMG_8202_convert_20090628124549.jpg
                    photo: ストークバムさんのパフォーマンス

◆いろいろな団体さんあり!
・手型でツリー: ピース☆バンビーノ
この日、子どもの手型を集めている団体さんがありました。
8月のさぽらんてにて開催するイベントで、この手型をつかって、平和のツリーをつくるそうです。

手型を願い事を紙に書く。
小さな子どもたちの手が、8月 どんな形になって現れるのかとっても楽しみです♪

・アロマ石鹸をつくりました!: ネロリの会
宇宙服を着た人・・・・一般的な石鹸工場では、完全防備の格好で作業をしているそうです。
今日は、安心・安全な手づくりアロマ石鹸をつくりました。
  自分でつくった石鹸は かわいい!

IMG_8309_convert_20090628125644.jpgIMG_8304_convert_20090628125803.jpg
photo: 左・ネロリの会 アロマ石鹸  右・ピース・バンビーノ 手型

・世界の人・子どもたちの写真: ミノリティー(世界の医療・保健を考える)
この会の代表である小川さんは、県大生。
学校を1年休学して、世界一周の旅に出かけたという元気な学生さんです。
彼女の撮影した写真に惹かれて 話を聞きました。

  主に行った国々での、生活の様子など。
  カメラに映っている子どもたちは、みんな素敵な笑顔をしている。
  現状を聞くと、食べるものもなく その日の暮らしのために 何かしようと町でうろつく子ども。
  日本の生活では考えられない、世界の現実がある。

「伝える・・・・。」
  授業だけではわからない。 現地に行って見てきてこそ、わかることがある。
  自分で撮った写真と 自分の見てきた視点で話をしてくれる、
  まっすぐな 小川さんの姿がありました。
    ※ その他、参加団体さんのコーナーのお話をみんなで聞く ツアーもありました。

IMG_8233_convert_20090628130432.jpg
photo: ミノリティー のコーナー

◆みんなで過ごしたスローな時間~♪
そんなわけで、みんなでオモイを共感した後、
ゆるやかにお客様をお迎えし、のんびりとしたスローな時間を過ごしながら
参加団体自身が ミツに交流を深めるという時間になりました。

  残念ながら天候もあってか外部からの参加者は、少なかったです。
  でも、チームいきなり団子の手づくり団子は、みごと完売!!
  スゴイです!

「協働のまちづくり条例」 ができた山口市は、市民活動団体をまきこんでのまちづくりが
はじまったばかりです。
   こうやって、同じ目的をもった団体同士が集まることがとても意味のあるコトで、
   増えるばかりの団体が点在するではなく、
   団子のように一つに ギュギュッと 皮のばして・芋入れて・餡入れて
   うまくアイデアを出し合って、一つのチームになっていきたいものです!

IMG_8074_convert_20090628130919.jpg
photo: 蒸籠のなかで、ギュギュッといきなり団子

環境を考えるとき、私たちの生活は身近に関わってきます。
いろんなコトが起こっている世の中、もう人コトではないのです。
  みんなが住んでる、地球につながっていく。
  だから、私たちの住んでいる大地(山口) から大切にしまひょ・・・♪
  つながっていこう!

   人と人とのつながりが、人を豊かにし、まちを豊かにしてくれます。

そんなこと教えてくれる 『環境サロン なないろ 』 でした!

【写真展のお知らせ】
IMG_2990_convert_20090621074002.jpg photo: 百姓庵より

『まちなかアート3丁目/小さな写真展』
環境サロン・なないろにて開催しました。
  6月21日(日)より引き続き~7月7日(火) まで、さぽらんてにて展示中!

  スローライフのどかの活動で、百姓庵を訪ねたときに撮影したものです。
  なないろわたげ でも、 「エコかっこいい人」 として 百姓庵 をご紹介しています。

そして、明日からは、ケーブルTV 「みちょる・やっちょる・みんなのTV」 にて
長門市油谷・百姓庵 での様子が、1週間 放映されます!
ぜひ、ご覧下さい!

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アートを楽しもう! | 10:38:55
『 天手子米 』  -六ヶ所村ラプソディー-
 『 天手子米 』   -六ヶ所村ラプソディー-

IMG_6796_convert_20090628094636.jpg
photo: 天手子米・六ヶ所村ラプソディー in 山口の会場にて

天手子米 (てんてこまい) ・・・?
それは、6月6日 山口市で上映された(西京シネマクラブ:主催)
ドキュメンタリー映画:六ヶ所村ラプソディー で、出演されていた苫米地ヤス子のお米です。

  青森県十和田市で、無農薬でお米をつくっていらっしゃいます。

映画の中でのお話。
 「無農薬といいながら、六ヶ所村の使用済核燃料菜処理工場から
  空へ空へと 排出される放射能が、雨・風と一緒に やってくるのでは・・・?」
そんな不安をいだく消費者からの問合せに対応される。

田んぼの中で、苫米地さんが田んぼの土を かき回す姿がありました。
無農薬でお米を育てるので、草が生えないようにと 田んぼの泥をかき回す。
  (かき回すことで、草が抜け やがて草は枯れる)

  「がんばってね。がんばってね・・・・」
  手を動かしながら、そう お米たちに話しかけている。

  愛情いっぱい、天手子米。

IMG_8028_convert_20090628095048.jpg
photo: 実家の田んぼ

実は、我が家もいろんな意味で、今 てんてこまい・・・。
   昨日も実家の田んぼを手伝いながら、一人田んぼの土をかき回す。
    「がんばってね~、がんばってね~。」

  小さな稲に語りかけるのか、自分に語りかけるのか・・・・。
  やるせないオモイが、田んぼの泥と一緒に 笑顔にかわっていく気がした。

いつか苫米地ヤス子に、会ってみたいなぁ・・・。
ほんの少し わけていただいたお米。 『天手子米』 に、感謝です。

RIMG0001_convert_20090628102533.jpg
photo: 天手子米

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アグリ・アート・ツーリズム | 09:59:01
一枚のハガキ -佐々木範子 『はないろ展』-
一枚のハガキ   -佐々木範子 『はないろ展』-

RIMG0220_convert_20090627074223.jpg
photo: はないろ展 お礼のハガキ

ちょっと前のことになりますが、一枚のハガキが我が家に届きました。

2009年5月3日~5月30日まで、山口市・大路lobbyにて 『はないろ展』 を開催していた、
佐々木範子さんからの お礼のハガキです。
お友達にいだたいたという、さくらんぼ が うれしそ~う に描いてありました♪
さらりと 描くことができる 佐々木さんがうらやましい♪・♪・♪

さて今回、佐々木さんがはじめての個展を開くということで、
4月の終わりから、 宮嶋康彦・『たい焼の魚拓展』 をきっかけに、
うろうろ 勝手に 応援隊を してきました。
  おかげさまで 多くの方に 『はないろ展』 にご来場いただき
  佐々木範子さんの描く絵に、出あっていただくことができました。

「これ一緒にやってみない!?」 って、彼女に声をかけると
すぐに 返事は 「Yes!」

「やってみよう!」
ちょっぴり私がだす これまでやったことのない難題な要求にも、さらりと応えてくれる。
  (きっと じっくり考えていたと思う・・・)
  Yes, I can.

                RIMG0217_convert_20090627074403.jpg photo: ハガキより

私もふくめて・・・だけれど、一人の市民として何にも力を持っていないかも知れない。
でもね、一人が二人になると ずいぶんパワーアップできるってことがわかりました。
そして、オモイにひびいてくれる 三人目の人 がいるということ。

すぐには出会えないけれど、 ゆっくり時間をかけていれば出あうことができるんです。
一ヶ月の長期展示(大路lobby) が、可能にしてくれた気がします。
不思議オーラは、波動にかわる・・・。
  Yes, we can.

佐々木範子 『はないろ展』 、 彼女の次のテーマは 植物です。
もうすでに 走り始めているぞ・・・。
   そんな佐々木さんを、また応援できたらいいなぁ・・・って思います。

一枚のハガキに感謝して。

RIMG0197_convert_20090627074756.jpg
photo: 佐々木さんからいただいた植物 我が家で増殖中!

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



小さなギャラリー | 07:37:17
茄子  -わたしん家の畑 ⑥ -
茄子  -わたしん家の畑 ⑥ -

IMG_8418_convert_20090626065507.jpgIMG_8424_convert_20090626065622.jpg
photo: わたしん家の茄子

スナックエンドウの収穫も終わり、
我が家では、トマト・ピーマン・茄子が でき始めました。
   (小さな庭の畑が足らないので、プランターに植えました)

 紫色の花をつけ、小さな実が ぶら下がる。
 どんどん大きくなっていく茄子に 「いつとる? いつとるの?」
   ・・・・と、子どもがプランターをのぞきこみます。

                        IMG_8413_convert_20090626065757.jpg
                         photo: わたしん家の茄子

側では、さつまいも。
1本植えたかぼちゃは、とてつもなくつるを伸ばしています・・・。
どうなるんだろう・・?

IMG_8446_convert_20090626070128.jpg
photo: かぼちゃ

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



わたしん家の畑 | 07:03:12
slow turtle  (スロー・タートル)    -slowf-
slow turtle  (スロー・タートル)    -山口市・slowf-

IMG_7577_convert_20090625051808.jpg
photo: slow turtle Tシャツ

つい先日、
エネルギッシュで生命力あふれんばかりのTシャツを、slowf (山口市)で見つけました。
  がっしりと握りしめられた手のなかで、大地に根をはり、上へ上へと伸びていく植物。
  そこに、地球と宇宙を感じる。
それが 『slow turtle』 のTシャツです。

4年前のある日のこと、山口県に立ち寄ったデザイナーさんが slowf の前を通る。
  「slowf?」 なんだ、slow turtle と似ている・・・気になるなぁ・・・。
  ちょっと 通り過ぎたところを引き返し、名前に惹かれてお店へ入った・・・・・ 。

  そんなことがきっかけで、以後 slow turtle とのお付き合いが始まったというslowf です。

私もずいぶん前から slowf へ出入りしてしていながら、
実はこのTシャツの存在を 全く知りませんでした。(・・・涙)

RIMG0231_convert_20090621075014.jpg
               IMG_7582_convert_20090625052304.jpg
    photo: slow turtle Tシャツ 

出会いって、不思議なものです。
   友達が slowf さんで見ていたTシャツ。
   そこに描かれたのんびりとしたカメの姿を忘れられなかった。

最近スローライフに興味をもっている私です。
ここ2年間くらいで、 いろんな人と出会い、いろんな事を見て・聞いてきました。
そんないろいろがあったから、このTシャツに出会えたのだと思うのです。

  まちづくり・ 農家のおじさん・ 自給自足の塩づくり・ 祝島・ 田んぼ
  ドキュメンタリー映画 「六ヶ所村ラプソディー」 ・・他いっぱい。
  
同じ山口県に住んでいて、
良いも悪いも、 一人ひとりが 何らかの社会的な問題意識をもって 生活をしている。

決してそこから逃げるわけではなく、
逆に その場所がもつ大地の力・気候条件・人の知恵と手を加え・・・
暮らしやすいようにと 楽しく生活を営む。 そこには素敵な笑顔がありました!

   自然と共生している。

RIMG0227_convert_20090625063358.jpg photo: slow turtle Tシャツ  

大きな意味で 「地球の環境」 を考えはじめた時、私はこのTシャツと出会いました。
  ※ 最初のTシャツには、「わたしという存在・・ 種をまく 木を植える 平和 地球 愛する 慈しむ」
     そんなイメージがある:slow turtle のHPより


  遠回りだけれど、同じ目線をもつ人とは、どこかでつながっていくんだなぁと 思いました。
  これからは、このつながりが大切 ♪
  そんなTシャツを さりげなく置いている slowf さんを素敵に思いました。
  のんびり・のんびり つながって いこう~♪

                      RIMG0242_convert_20090625063205.jpg
                   photo: 夏をのりきろう~!「slowf 10 」10%off 企画やってました!

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。

  

おすすめ・リスト♪ | 06:27:22
中村さん家の トマト  -山口市-
中村さん家の トマト  -山口市大内-

IMG_8382_convert_20090624063456.jpgIMG_8326_convert_20090624062323.jpg

photo: 中村さん家のトマト 一つ一つご夫婦の手で、箱詰めされる。

これは、山口市大内で 農薬・科学肥料を使っていない安心な野菜作りをしている
中村さん家のトマトです。

   めずらしいトマトの品種だそうで、今年は大豊作!
   大豊作ともなると、農家ではこまったとこになるのです。 (安値での買い取りになってしまう?)

   そんなわけで、出来すぎてこまったなぁ~の、ありがたいトマトを、
   お安くゆずっていただきました。

   トマトって、桃のような形をしているなぁ・・・・とマジマジと見ました。
   おいしかった!
    (つんととがったところに、星のようにスジが入っているトマトが、甘いそうです)

    ※ 中村さん家のいつものお野菜は、わっか屋さん(山口市)にて、販売しています。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アグリ・アート | 06:38:41
『御局橋』 からの贈り物  -山口市-
『御局橋』 からの贈り物   -山口市-

IMG_8339_convert_20090624062211.jpg
photo: 御局橋開通記念

6月23日(火)、山口市一の坂にある御局橋の開通式が行われました。

  残念なことに、当日参加できなかった私。
  でも、記念品が私のところに届きました。 ↑↑↑

ちょっとした贈り物・・・まちの人のあたたかい気持ちに、胸があつくなりました。
昨日は、ハレでよかった!
 「ご縁がありますよう~に♪」

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



まちなかアート | 05:44:26
御局橋 のキャンドルナイト  -山口市-
御局橋 のキャンドルナイト   -山口市-

MVC00180_convert_20090623061810.jpg
photo: 御局橋にて

6月21日(日)夏至の日。
山口市一の坂川にある御局橋にて、小さなキャンドルナイトが行われました。

  一の坂川周辺地区ブロック協議会と、近くのマンションに住む子供会の協力を得ての開催で、
  7家族の子供達の赤いちょうちん行列が、千歳橋~御局橋の間をゆらゆらと 歩きました。

19時前から、豆腐ロードのあるすぐ橋の上で、ちょうちんに火を入れる。
豆腐ロード(豆腐パックでブロック舗装した路地)を通り抜け、
山口銀行とみずほ銀行山口支店の間で、ちょっとした「七夕」の絵本読み聞かせタイム。

足元には、陶器でできたランプシェードにろうそくの光。
上には、大きな竹で 手づくりの七夕飾りがあって、おかぁさんたちのの読み聞かせ後、
みんなで短冊をつけました。
  「願い事が かないますよーに~♪」

  そうしてまた、豆腐ロードを通って、御局橋へ向かう・・。↓↓↓
  豆腐ロードの間を みんなのちょうちんが通り抜けるとき、
  細くて真っ白い 空間が、とっても幻想的な赤色に光っていました!

MVC00169_convert_20090623061851.jpgIMG_7346_convert_20090623062808.jpg
photo: 豆腐ロード/HEART2007・山根秀信:作)

この御局橋は、河川工事のため 昨年から取り壊され改修工事が行われてきました。
  藤棚があった光景からずいぶん変わってしまいましたが、
  その間、春には桜のライトアップ、夏にはちょうちんが飾られる・・・・など
  荒々しい工事現場でも、嬉しい光景がいくつかありました。
  夏の生き物調査の時には、工事関係者の方も来られて、活動を見守る姿もありました。
  ありがたいことです!

otubone sakure2 photo: 2008年4月 御局橋の桜

さて、本日この御局橋の開通式が行われます。
  「どうして護岸も早く完成しないの?」 ・・・という声もあるそうですが、
実は蛍がやってきて、生息できるようにと、護岸に工夫がされているからなんだそうです。
  石組みの一つ一つに土を入れている。
  そうすることで、川からはい上がってきた蛍の幼虫が、その土の中で羽化する。
  また土の間から、草が生えてくる  → 蛍のすみやすい環境。

ちゃんと蛍のコトが、考えられていたんですね。
目には見えないところで、いろんな人たちがこの橋と 道づくりに関わっているんだと思いました。

IMG_7365_convert_20090623062926.jpg
photo: 新御局橋の欄干

  新しい橋の欄干に、新しい蛍がデザインされていました。
  そして、この橋の4箇所の柱にも、地元の皆さんの手文字が刻まれています。

まだまだ工事は続くそうですが、御局橋完成・おめでとうございます。
お近くを通ったときは、橋の欄干を見てくださいね!
  (七夕の前に橋がかかるなんて、ロマンチック♪)

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



まちなかアート | 05:55:24
田植え -わたしん家の田んぼ ③-
田植え  -わたしん家の田んぼ ③-

IMG_7117_convert_20090622135150.jpg
photo: 実家の田んぼ

6月11日、実家の田んぼの 植えが終わりました。
  昨年は、稗がたくさん生えて、収穫の前、稗を抜くのに大変な思いをした。
  だから今年は、田植えの前に 除草剤をまきました。
  水の管理がたいせつだそうで、父がしっかりやっていたそうです。

わたしん家(実家)の田植えは、機械の力を借りて お金をはらってやってもらいました。
機械を持っていない、体が動かない・・・人の手を借りるしかないのです。

IMG_7144_convert_20090622135629.jpg
photo: 苗 ひのひかり

さて、当日の話です。
前日に苗がやってくると、田植えの朝に殺虫剤を 苗にまきます。
この殺虫剤が、小さな苗を虫から守ってくれるというのです。
減農薬をしている農家でも、この殺虫剤をまくところは多いそうです。
  
そして、6月13日。
田植えが終わった後の、植えつぎを 私と息子でやりました。
大きくは、機械がとどかなかった田んぼの端っこに、苗を植えていきます。

  田植えの経験は、幼い頃の記憶のみ。
  これまで、田植えなんて・・・・て人コトのように思っていた私。
  見よう見まねで、苗をもって田んぼへ入りました。

   「たしか苗は3本だっけ?」 
       (↑ 1本でも十分に増えていく。水に流されることも考え、5本が一般的らしい)
 
  植えてみると、同じ田んぼの中でも 土がやわらかいところ・堅いところがあり、
   「本当にこれで根がつくの???」
  ・・・と、疑問に思いながらやりました。
  我が家の苗は、まだまだ小さくて、水のなかにうまっているものもたくさんある。
     「ゆるゆるの泥の中に、小さな苗を植えている。」
  そんな場所が、たくさんありました。

                         IMG_7135_convert_20090622140312.jpg photo: 苗
IMG_7167_convert_20090622140713.jpg photo: 作業のあとの長靴

昼間までに終わるだろう・・・そう 思っていた田植えは、難航(涙)。
でも最後には、だんだん慣れてくる私がいて 「ここにも植えれそう!」 なんてやってました。
    (田んぼの縦一列余分に植えるだけでも、収穫がちがってくる。)

  近くで家の作業をしていたおじさんが、
   「あんたはりきったら、明日腰があがらんで~」
   「まだ、やりよったかね・・・。 よう頑張るの~残業はやめとけや~!!」
   と、声をかけてくれました。

  きっと昔でいうなら、でんきな女?
  そう思ったのかな・・・・でも、遠めで気にかけてくれていたおじさんをうれしく思うのでした。

今回も、田んぼに入ってみないとわからなかったことがありました。
田んぼへ入ってくる水の流れ、土の堅さ。土のにおい。
同じ田んぼでも、場所によって、水温、堅さ、においがちがう。
水の下の土のなかで、何が起こっているのだろうかと思いました。

今のお年寄りが元気なうちに、田んぼのことを教えてほしい!
自分達の主食を 守りたい。。。そう思う時間でした。

  あんのじょう、翌日、 体のヘンな場所が筋肉痛で痛くて歩けない(涙)
  昼過ぎまで寝てました。
  今度田んぼに行ったとき、苗は元気かな? 稗は、生えていないかな?

  ・・・・つづく。

IMG_7162_convert_20090622140954.jpg
photo: 隣の田んぼには、水草が・・・

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



わたしん家の田んぼ | 13:41:03
『 まちなかアート3丁目 』 小さな写真展・開催! -山口市-
『 まちなかアート3丁目 』 小さな写真展・開催!

IMG_2990_convert_20090621074002.jpgIMG_6270_convert_20090621065345.jpg
photo: 百姓庵

本日2009年6月21日(日)から、山口市市民活動支援センター「さぽらんて」にて、
『 まちなかアート3丁目・ミニ写真展 』 を開催します。 期間: 6月中は展示中 (未定)
   ・・・といっても、ラフな感じての展示で、ありがたいことに
  先日、山口での「六ヶ所村ラプソディー」上映会(6月6日)の時に
  展示されていた 祝島の写真達と 同じ空間の中に、しばし展示をさせていただきます。

今回の展示内容は、山口県長門市油谷にて塩づくりをされてる 『百姓庵』

百姓庵でつくる ‘百姓の塩’ に出会ったのは、
2008年10月、アートふる山口にて出展していた「なないろわたげ」さんのブースでのこと。
初めて塩を  「あまい」 と感じました。

  2009年4月、スローフード「のどか」さんに連れられて、百姓庵の塩づくりを見学しました。
  そして5月、たまたま塩の本炊きの日に、百姓庵を訪ねる。( ←その時の様子)
  塩の結晶がフツフツと、釜から湧いてくる様子は、感動的でした。

  そんな、私が見た大自然なかにある 『 百姓庵 』 を ゆるりと感じてください。

●環境サロン なないろ ・本日開催!
RIMG0259_convert_20090621073735.jpg photo: チラシより

さて、6月21日、今日は夏至ですね。
そして、6月は環境月間ということもあり、本日 同会場 「さぽらんて」において、
市民結集の 『環境サロン なないろ』 がおこなれます。

  これは、食・農・環境ネットワーク 「なないろわたげ」 が主催するもので、
  参加するのは、食・農・環境に関わる活動をする人や団体が大集合~!!

   テーマ: わたしたちの守りたいもの、大切にしたいもの

  このテーマのもと、地球にやさしい暮らしの提案(重曹・クエン酸を使った掃除法他)、
  写真展、バザー、もしかしたら音楽もやってくる??

  忙しすぎる毎日を、ちょっとたちどまって
  いろんな人たちと、ゆるゆるとお話をしてみよう~というイベントです。

どうやら 私がこれまで、あちこちで 会ってきた人も、この会場に来られるそうです。
私のほうが、なんだかワクワクして、楽しみ。

そうそう、先日6月10日小さな講演会(山口市・はりはり邸)で、
菊池洋一さんのエネルギーについてのお話を聞きました。
  菊池さんが撮影された、キラキラとした 花々に囲まれての言葉・・・。

   「コスモスの花の中心には、星がいっぱいあるよ。
    まるで星をちりばめた 小さな宇宙。 だから、コスモスっていうのかな・・・」

  きっと、そんな視点をもった人とたちが、今日もやってくるのでしょう!
  会場でお待ちしています!

                    RIMG0083_convert_20090621073545.jpg 
                    photo: まちなかアート3丁目 コスモス

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



小さなギャラリー | 06:24:42
わっか屋 / 『 食育と自然療法 の講座』  -山口市-
わっか屋/ 『食育と自然療法の講座』  -山口市-

IMG_5578_convert_20090620065022.jpg
photo: わっか屋新聞

5月21日(木)、なんとも大粒の大雨の日・・・
山口市金古曽町にある 『わっか屋』 さんで行われた 『食育と自然療法の講座」』 に
参加してきました。

  講師は、宇部市在中の三戸泰子さん(薬膳研究家・自然療法研究家)。
  「女性のための自然療法 身体(腸)の中からきれいに」
  と題して、食をいただき お話を聞きながら、体ためになる話をたくさん聞きました。
その時の様子をご紹介します。

IMG_5571_convert_20090620070220.jpg photo: わっか屋さんの2階

さて、女性というもの、年齢を重ねるごとに、冷え性になったり
おなかのあたりに脂肪がふっくらとつき始め・・・腸の働きが鈍くなりがち!ですよね!?

  とにかく食物をいただいて、身体の中からきれいにしよう! 
  それが、三戸泰子さんのお話です。

●はじまりは、シナモントースト
この日は大雨で、駐車場からわっか屋さんへ行くだけでもずぶ濡れ・・・(涙)
ラッキーなことに、到着してすぐにいただいたのが、シナモントーストでした!
米あめをぬって、シナモンをふりかける。これが、体をあたためてくれる効果があるのです。

  米あめ: 身体をあたためる
  シナモン: 身体をあたためる & 気を通してくれる
  
  なんだか疲れている。 よい気が身体にめぐっていない気がする・・・。
  そんなときは、シナモンが良いそうです。
  スーッとする香が、よい気をあつめてくれます。

IMG_5562_convert_20090620070447.jpg photo: シナモントースト

●食の経路
身体には、ツボの経路と 食の経路があるそうです。
よく知っているツボの経路は、指圧等をすることで血の巡りをよくする。
食の経路は、食物をいただくことで 自分の身体の免疫力を高め 血の巡りを良くしていきます。

  食の経路は1年間を通して、自分の身体をめぐっていく。
  1年は、大きく4つの季節に分けられ、その季節によって 人間の身体も変化している。
    234・567・8910・11 12 1 (春・夏・秋・冬)
      ↑ 旧暦の考え方?陰陽にも関係がありそうです。
  だから、その季節に応じた、食べ方をすると体全体に良い気がめぐっていくのです。

RIMG0248_convert_20090620081507.jpg photo: 手のツボ 配布資料より

●旬の食物をいただくこう!
体にいいのは、旬の食物をいただくことです。
昔の人は、ハウスなんかないし 山や畑で出来た旬の食物をいただいていました。

  たとえば、きゅうりやスイカは、夏の代表的な野菜。
  体を冷やす効果があります。
    暑い夏・・・・・・
  体が必要とするから、大地には それをたすけてくれる食物が ちゃんと育ってくれます。
    ※三戸さんの夏バテ予防のおススメ→ らっきょう!私も漬けました!

●手のひらマッサージをしよう!

IMG_5582_convert_20090620071725.jpgphoto: 手のひらマッサージ 

いろいろお話を聞いた後、隣に座っていた人の手をかりて、お互いにマッサージをしました。
手には、五臓のつまり をとってくれるたくさんのツボがあります。

  蒸しタオルであたためてから、相手の手を軽くマッサージする。
  自分で自分の手をマッサージしても、気持ちいいなんて思わないのに、
  人にやってもらうと、気っ持ちいいんですよね~~~~♪ ♪ ♪
  相手のことを一生懸命に思ってすると、その気は自分にかえってくるそうで、
  気のパワーは、良いほうへと倍増します。

●愛情のこもった人の食物をいただく
食物をいただくなら、愛情のこもった物をいただくこう!
  大量生産・形をよくしたいからと、薬づけにされ、人工の光をあびたもの。
  自然の太陽をたくさん浴びて、のんびりと虫さんと一緒に育ったもの。

「あなたなら、どっちを食べる?」
そう考えると、おのずと口にするものも変わってくるような気がします。

   「お日さまの光をた~くさんあびて、おおきくな~れ!」
   と、声をかけてもらいながら育った食物は、
   つくる人のエネルギーもちゃんと受け取って、育ってくれます。
   その食物をいただこう! 体は、知っているのです。 う・ま・い・♪

                    RIMG0252_convert_20090620081710.jpg
                   photo: わたしん家の畑にも茄子が! 大きくなーれ~♪

●不思議なパワーは、日常の中に。
お話を聞いてみると、自然療法の基本は普段の生活の中にあるものなんだなぁと思いました。
食物が本来もっているパワーを知り、そこに人がちょこっと手を加え どう生かすか!?
知っていれば、体も元気になることも簡単なのです。
まずは、旬のものを知ることが大切!!

  あんがいと私たちは、旬の食物を 知らない気がします。
  忙しすぎる便利な毎日が、いろんな記憶を捨ててしまったのか??
  おかしくされてしまったのか?

  きっと、自分でつくることをしていれば、作物のこともわかる。
  そして、作物をつくると、季節の移り変わりや自然がおかしくなっていることを
  敏感に感じ取ることができるのかもしれません。

身近なものを、季節にあわせて上手にいただこう!
大地は 「今、体にこれが必要なんだよ~!」 って、芽を出し・実をつけてくれる。
そして、根をはった食物が 大地を耕してくれる。

  人と自然のつながりって、ふかいんだなぁと
   三戸さんの話を聞いてあらためておもう時間でした。
   ありがたい、ありがたい。
  (他にもいろんなお話がありましたが、全部は書ききれませんでした。ぜひ、三戸さんに会ってください! とってもパワフルなおば様です(笑))

           RIMG0255_convert_20090620083318.jpg
      photo: 6月20日 わたしん家の茄子・花

さて、わっか屋さんの2階では、月替わりで 地球にやさしく体にやさしい講座が行われています。
これまで聞いたことのない話エトセトラ・・・。
  でもそれは、なにげな~く普段の生活のなかでやってきたことだったりする。
  そんなお話を、一度「わっか屋」 さんで聞いてみませんか?
  体の中から、みんなでワイワイしながら癒されまひょ・・♪・♪・♪

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



スロー・アート・ツーリズム | 06:11:47
『 焼き麩 』 の簡単お菓子
『 焼き麩 』 の簡単お菓子 

IMG_7017_convert_20090619063026.jpgIMG_7022_convert_20090619063714.jpg
photo: 焼き麩のお菓子、つくってます。 & 出来上がり!

スローフードにはまってしまった我が家がでは、
スナック菓子の袋が、少なくなりました。

  素材の味を知ると、ヘンに味がついているものを、おいしいとは思わなくなってきた。
 
私だけがそうかと思っていたら、
その影響は、子供達にも出ていて、あればスナック菓子も食べるけど、
なかったらなかったでよいみたいです。

その変わりに、自分でつくる。
「焼き麩」 を買ってくると、子どもがお菓子をつくってくれます。

   この麩のお菓子は、山口市にある 『 ランプの宿 』 に行ったとき
   おばさんに教えてもらったそうです。
    <つくる>
     ① バター(または、マーガリン)をフライパンに多めにひき、、焼き麩をなじませる。
     ② しっかりなじんだところで、きび砂糖を好みにあわせてふり入れ、出来上がり!
         (私は、ちょいと「百姓庵の塩」 を入れます! いっきにつくると、おいしいよ!)

IMG_7019_convert_20090619063830.jpg
photo: 味見中~♪

先日別の場所で、同じ焼き麩の手づくりお菓子をいただきました。
素朴で やっぱりおいしい!

  毎日学校でいろんなストレスを抱えて帰ってくるわが子。
  子どもがつくってくれた 焼き麩のお菓子が、一番おいしい~♪♪♪

           IMG_7020_convert_20090619064732.jpg
           photo: 子どもがつくった、焼き麩のお菓子。花まる◎◎!!

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



スロー・レシピ | 06:50:33
電線
電線 

IMG_7390_convert_20090618114645.jpgIMG_7391_convert_20090618104438.jpg
photo : 一の坂川周辺交差点

世の中の電線は、地中化されているけど、
やっぱり、電線のある光景が好き。
生活のにおいがする。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



まちなかアート | 06:13:05
イカ釣り漁船 -長門市-
イカ釣り漁船    -長門市-

IMG_6521_convert_20090617054002.jpgIMG_6444_convert_20090617055639.jpg

イカ釣り漁船。
  長門市油谷へ遊びに行った時、見つけた。
  間近で見ると、なんと大きかった。

  夜の海を、明るく照らしながら イカをおびきよせる。
  ライトの下は、まさに戦場だ。

この季節、棚田の上から見る その光景は、だれもが撮影したいと思う風景写真。

先日新聞で、このカメラマンのたちのマナーについて問われる記事をみつけた。
だれもいないのに、一日中立っている三脚たち。

    「いくらきれいな写真を撮影しても、どうかなって思った。。。。」

私もいつか棚田へ行ってみたい と思っていたけれど、
    「・・・・・・・。」
それより、イカを釣る。 現場の写真を撮って見たい!

IMG_6510_convert_20090617054124.jpg
photo: 子供たちが網ですくった魚さん。 この後、逃がしてあげました。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



スロー・アート・ツーリズム | 05:46:59
白いシャツ  -tennen No.74-
白いシャツ   -tennen No.74-

IMG_6977_convert_20090616045516.jpg photo: negiちゃんつくる 白いシャツ

●白いシャツ
先日tennenに行ったとき、おもしろいデザインのシャツを見つけました。
普通の長めのシャツタイプなんだけど、袖と襟もとがポイント!

   ちょっとnegiちゃんと広げてみる。
   袖の部分が、ちょっとずつワイドになっていて、最後は絞ってある。
   その袖口の縫い合わせがまた、ちょっと変わっている。

   「よくこんなデザイン思いつくね・・・。」
   思わず、声に出てました。

IMG_6970_convert_20090616050304.jpg
                  IMG_6969_convert_20090616050003.jpg
photo: 白いシャツ ボタンの下の合わせに部分が素敵です! ↑↑↑

襟は、スタンドできるようになっています。 ↓↓↓
オモイっきり肩のラインが落としてあるのがユニークです・・・♪

IMG_6976_convert_20090616051259.jpg photo: 白いシャツ

●帽子
さて、こちらは帽子です。
この生地には、ちょっとした秘密があります。
もうこの生地はありませんよ! その秘密は、negiちゃんに聞いてね~♪

IMG_6996_convert_20090616051454.jpgIMG_6999_convert_20090616051723.jpgIMG_6991_convert_20090616052112.jpg
 photo: negiちゃんつくるの帽子・・・アリさんあるいてます~♪

 negiちゃんのつくる
 人が見逃してしまいそうな部分に、おしゃれ心 を忘れない。
 それが、ngeiちゃんのつくるの服たちなのです。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



negiちゃん家 -tennen- | 04:47:50
梅 と びわ
梅 と びわ 

IMG_7420_convert_20090615074623.jpgIMG_7426_convert_20090615073602.jpg
photo: 梅

ありがたいことに、梅をいただいた。
なんと大きな粒!! そして、この梅は青かった。

IMG_7434_convert_20090615074055.jpgIMG_7412_convert_20090615074410.jpg
photo: びわ

     ありがたいことに、びわをいただいた。
     最近 主人が、お客様から 旬のものをいただいてかえる。

     こんなことは、あまりなかった。 ありがたいことだ。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アグリ・アート | 07:49:05
 

IMG_7199_convert_20090614092437.jpgIMG_7197_convert_20090614092320.jpg
photo: 実家の梅

青梅が終わり、色づく梅を収穫する季節になりました。
香がいい・・・・・。

  梅干をつくる。

  今年2回目のチャレンジ!
  実家の梅を 自分でもいでつける・・ と決めていた。
    「梅の色づき具合はどんな? もう、もげる?」
  何度か、電話で母に聞いた。

IMG_7217_convert_20090614092547.jpg
                IMG_7226_convert_20090614093130.jpg
photo: 梅干つける

  実家に帰ると、「もって帰れ」 とメモ書き と 梅。

  梅は待ってくれない。
  時期がきたら ポロポロと風にふかれて落ちてくるのだ。

  梅の季節は、もうすぐ終わる。 (梅干作りはこれらよ。。)
  そして、わたしも つぶされんばかりの毎日を送るのだ。

IMG_7237_convert_20090614092849_convert_20090614093304.jpg photo: 梅つぶされてます。 ぐっとこらえてうまくな~れ♪

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アグリ・アート | 09:37:05
除草剤 -わたしん家の田んぼ ②-
除草剤    -わたしん家の田んぼ ②-

RIMG0146_convert_20090613061438.jpg
photo: 実家の田んぼ

正直言って、まきたくない。
初めてのことだから、しかたなく、親の言うままにまいてみる。 (6月2日)

  田んぼに肥やしやって、水を十分はる準備ができたら、
  必要にあわせて 除草剤 をまきます。

  昨年、稗がたくさん生えて大変なオモイをした。
  だから、田植えの前に薬をまくことにした・・・というか言われた。

まくのは、乳化剤=2本。

代かきが終わって、水が濁っているうちにまくのが効果があるのだ、と聞き、
ちょうどのタイミングで、まいてみる。 (→代かきは、人にやってもらう)

  「田んぼの周りをぐるっと四角くに1周して、
      それから中に入ってまくと、負担なくまけますよ・・・・」
  そんなアドバイスをもらってまいてみると、たしかにうまくまける。

  でも、やっぱり一振りの量が見つかず、田んぼをぐるぐるまわりました。

RIMG0149_convert_20090613061649.jpg
photo: 除草剤をまく

「あぁあぁ・・・・薬剤の臭いがきつい!!」(涙)

   こんな臭いのあるもの田んぼへ入れ、田植えが始まるまで水をしっかりはり
   田を 薬漬けにする。
   はった水がながれては、意味がない。
   けど、用水路から入った水は、少量ずつ出てゆく・・・・。

   まきながら、一瞬白くひろがっていく様をみて、複雑な気持ちになりました。
     「これでいいのか? 他にやりかたはないのか?」
   振りまいた液体は、じんわりと水面に膜をはっていきました。

RIMG0154_convert_20090613061908.jpg photo: 暑かった・・・このなかに虫たちもいるよなぁ・・・

本日晴れ!

  「初めてのことだから、いわれるままにやってみよう!」
    薬のまき方だって、これでいいのかわからない。
    これで米がまともにできるのかも、秋にならねば わからない。

あとは、いよいよ田植えです。
田植えの時、また次の農薬を苗にまきいれるそうだ。 (殺虫剤・それは親がやってくれる)

   ちょっと、複雑な気持ち・・・・。
   これは親達が代代やってきた、習慣なのだ。

             RIMG0160_convert_20090613062200.jpg photo: 幼い頃遊んだ用水路にて

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。


わたしん家の田んぼ | 04:35:09
[ u-maki cafe]  うーまきカフェ  -長門市油谷-
[ u-maki cafe ]  うーまきカフェ -長門市油谷-

IMG_6352_convert_20090612053430.jpgIMG_6364_convert_20090612054237.jpg
photo: うーまきカフェ 本日のランチ

長門市油谷の、向津具半島の端っこの端っこに 日曜日だけオープンする
ナチュラルなcafe [ u-maki cafe]  うーまきカフェ に行ってきました。
 そこは、自給自足の宿 「百姓庵」 さんのスペースを借りた 小さなcafeなのです。

  行った日は、ちょうど先日ご紹介した梅もぎの日 (5月31日の様子はここをクリック)。
  たまたま百姓庵さんの塩の本炊きの日でもあり、
  塩作りを見学した後に、予約していたランチをいただきました。

こちらのランチ↑↑↑は、有機無農薬野菜にこだわり、
野菜そのものの味を楽しむことができる うえのまきこさんの手づくりランチです。

IMG_6353_convert_20090612055434.jpg
photo: おしながき

<本日のメニュー>
  パン
  アスパラ豆乳スープ
  ハーブサラダ・オレンジドレッシング
  真竹のウメゴママヨ和え
  鶏ハム
  リーキとひよこ豆のキッシュ
  キャベツとたまねぎのパスタ
  ゆでアスパラ お塩をつけて

デザート
 抹茶きなこロール or いちごベイクドチーズケーキ
ドリンク
 コーヒー・ほうじチャイ・まさらティー

IMG_6357_convert_20090612055909.jpg photo: 手づくりパン & アスパラ豆乳スープ

●おススメ、スープがうまい!
今回こちらのランチをいただくのは2回目です。
プレートにのっているものは、どれもおいしいのですが・・・
私のお気に入りは、最初に出てくるスープです!!
  色がとってもきれいで、食材の香がする~♪ 今回は、アスパラ~♪・♪・♪
  ドロッとした触感が なんとなく健康的で 私も子どももぺろりといただきました。
   (子どものお気に入りは、パン↑↑ 必ず私のパンを食べてしまう息子)

IMG_6371_convert_20090612054950.jpgIMG_6323_convert_20090612062527.jpg
 photo: アスパラ持ってます! & 百姓庵

●そして、アスパラが・・・・1本♪
驚いたのは、取れたてのアスパラガスが丸々1本お皿にのっかって出てきたことです。
  「えっ~!丸々一本かじっちゃうなんて、なんと贅沢な・・・♪♪」
そんなこと言ってると、子どもが丸々は食べれないと言い、2本分の恵みをいただく。
百姓庵さんのミネラルいっぱいのお塩をつけていただき、これまたうまかった!

 デザートとドリンクは、選ぶことができますよ~。
 みんなで頼めば、どれも味わうことができて、ラッキー!
 わいわい会話もはずみ、のんびりとした時間を過ごしました。

IMG_6411_convert_20090612061840.jpgIMG_6404_convert_20090612062014.jpg
photo: アイスまさらチャイ & 抹茶きなこロール & いちごのベイクドチーズケーキ

山口市内から車で1時間40分くらい。
カーナビに案内され、くねくねだれもいない道を走ってたどりついた百姓庵。
週末の日曜日にしかオープンしない [ u-maki cafe]  うーまきカフェ に、
多くの人が訪れています。

  だれもがここの空気を感じたい。
  ざわざわした日常の生活からフッと開放されたい。

  ここには、海と山と緑い~っぱいの野菜たちが
  太陽の光をいっぱいあびて、すくすくと育っています。
  それらをつかった、うーまきさんの愛情いっぱいの手づくり料理。
     のんびりしまひょ・・・
  ぜひ、皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか?

IMG_6255_convert_20090612064140.jpg photo: すくすく育ったごぼう

【おススメのcafe】
[ u-maki cafe]  うーまきカフェ
・場所: 山口県長門市油谷向津具一下1098-1
・営業時間: 毎週日曜日 11:30~17:00 (時々変更あり 要確認)
・電話: 090-5372-8326
・ランチは予約が必要です。

Yコミュタウンに、うえのまきこさんのリレーエッセイが掲載されています。
こちらもぜひ、ごらんください。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。

 

おすすめ・リスト♪ | 03:16:25
アジサイだぁ~♪ -tennen No.73-
アジサイだぁ~♪  -tennen No.73-

IMG_6984_convert_20090611062449.jpg
IMG_7008_convert_20090611062614.jpg
photo: tennen

お久しぶりにtennenさんへ、行きました。
バラの季節を通りこし、今はnegiちゃん家のアジサイが満開!
雨が降っていても、すぐ側にある山の光景としっくり似合うtennenです。

 さて、いろんな作品ができていました。
 しかし、どれも取りおきで、人気の作品達をお客様の手もとに
 届く前にと、撮影しました。

IMG_7013_convert_20090611062932.jpg  photo: negiちゃんつくる・この赤色が好きなの~バック♪

↑↑こちらの赤のバックは大人気!
色違いのバックでその秘密を教えてもらいました♪

   negiちゃんの工夫ここにあり!
   実は内袋にこだわりがあるのです。
   赤も白も、ちょっとデザインは違いますが、アップリケがしてあります。
   よーく見ると、「tennen」 ってはいってるの・・・。 
    (どんなアップリケかは、自分で確かめてね!白色はまだあります~♪)

IMG_6959_convert_20090611063343.jpgIMG_6961_convert_20090611063537.jpgIMG_6964_convert_20090611064250.jpg photo: negiちゃんつくる・白色のバック

 内袋は、巾着になってるし、その紐にもアクセント見っけ!!!
 素敵素敵 ・・・♪ ♪ ♪ ♪
 もち手の部分にも、ちゃんと革がほどこしてあって、おしゃれなんだけど
 カッコよさもそこにありました。

 他にもご紹介したいものがあるので、また書きます。
 negiちゃんは今日もつくるのだぁ・・・!!

IMG_6962_convert_20090611064504.jpg
photo: tennen 

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



negiちゃん家 -tennen- | 06:48:29
相島の 『 すいか 』
相島の 『 すいか 』

IMG_6938_convert_20090610113719.jpgIMG_6928_convert_20090610114253.jpg
photo: 相島のすいか

今朝、家の近くの朝市に行くと、相島の 『すいか』 を売っていました。
山口県で相島のすいかといえば、おいしいことで有名です。

 「もう すいかの季節なんだなぁ・・・・」

先日地方新聞にて、棚田で育てる 相島のすいか畑の様子が紹介されていました。
 その記事の中で、細い細い道をくねくね軽トラに乗って畑へ向かう様子が忘れられなくて、
 つい、買ってしまいました。
 
 あの棚田からやってきたすいかなのか・・・と思うと
 青い海を背にしたすいか畑が見えるようで、うれしくなりました。

IMG_6935_convert_20090610114420.jpg photo: 相島のすいか

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アグリ・アート | 11:45:52
オーダー家具工房 『LB FURNITURE WORKS』   -山口市-
オーダー家具工房
『LB FURNITURE WORKS』   -山口市-

IMG_5535_convert_20090609060127.jpgIMG_5539_convert_20090609060541.jpg
photo: 『LB FURNITURE WORKS』 奥の空間

山口市の大殿大路にある、オーダー家具工房 『LB FURNITURE WORKS』 にお邪魔しました。
ちょうど隣の大路lobbyで開催中の佐々木範子 「はないろ展」の時にフラット。

オープン当初からお店がある事を知っていて、イベントなどで
お店をお借りした経験もあります。 素敵な空間ですよ。

久しぶりに、奥の部屋へいってみると、『LB FURNITURE WORKS』 さん以外の
作家さんの作品や、古い家具をリサイクルした作品などが置いてありました。
最近は、古い家具を蘇らせてほしいというオーダーが多いそうです。

IMG_5547_convert_20090609055310.jpg photo: バターケース・仕上げ中・・・

そんな話をしながら、スタッフの溝内さんは、木のバターケースの仕上げをしていました。
 「え~、バターケースが 木でいいんですか・・・?」
冷蔵庫に入れていると、硬くなってしまうバター。
それを 使いやすい状態で保ってくれるのが、木のバターケースなんだそうです。

これに木でできたバターナイフを添えて完成。
食品を入れるので、接着剤についても安全なものを研究してつくられているそうです。

IMG_5537_convert_20090609055901.jpg
photo: 雰囲気のあるペーパーナイフを買いました。

一の坂川あたりまで来たときは、大殿大路まで歩いてみてください。
ゆっくりとした時間のある空間に、出会うことができます。

【おススメのお店】
オーダー家具工房 『LB FURNITURE WORKS』
・住 所: 山口県山口市大殿大路133-2 
・営業日: 土・日・祝 (事前にご連絡いただければ平日も対応できます。) 
・営業時間: 11:00-18:30
・TEL: 083-924-6607

IMG_5558_convert_20090609055624.jpg
 photo: 『LB FURNITURE WORKS』

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



おすすめ・リスト♪ | 05:51:18
『 六ヶ所村ラプソディー 』 -in 山口 ②-
『 六ヶ所村ラプソディー 』  -in 山口 ②-

IMG_6841_convert_20090608065210.jpg
IMG_6730_convert_20090608082236.jpg
photo: 映画のパンフレット & 祝島のひじき

2009年6月6日(土)、山口県教育会館にて 『六ヶ所村ラプソディー』 の上映会が、
西京シネマクラブ(山口市)の主催で行われました。
  この上映会は、鎌仲ひとみ監督のオモイもあって、市民の手により上映会を運営する。
  そのオモイは人に伝わり、これまで日本中のいろんな場所で(約600箇所)、
  市民が宣伝し上映をしてきました。

山口の会場では、『六ヶ所村ラプソディー』 の上映を応援する会の皆さんによる、
「環境・食の地産地消を考える」 という視点から、山口県祝島の特産品試食・販売や
写真展示が行われ、
おいしい香いっぱい! また、美しい長島・祝島の青々とした写真を見ながら、
のんびりとした時間を思い思いに楽しまれる様子がありました。
その様子をご紹介します。

 (現在、鎌仲ひとみ監督は、『ミツバチの羽音と地球の回転』という次回の作品を
    山口県祝島とスウェーデンの2箇所を拠点に、撮影中です。)


●『六ヶ所村ラプソディー』 を見て
前日・交流会にて、初めて鎌仲ひとみ監督に会い皆さんと一緒にお話をしました。
  「どんな方なのかわからないけれど、監督にお会いしたい!」

監督の第一印象は、「え?監督なの?」 って思うくらい普通の人。
  「監督なんて呼ばないでね・・・鎌ちゃんって呼んで!」
鎌仲さんの気さくな雰囲気と そこに集まった方の笑顔と・愛情のこもった料理をいただき、
ちょっぴり環境の事を考えながら、幸せな時間を過ごしました。

IMG_6599_convert_20090608065647.jpg
photo: みんなの手作り料理、いただく鎌ちゃん~♪

 さて、6日、映画を見て鎌仲ひとみさんを、すごい!と思うのでした。
 撮影されている視点は、原発の賛成派・反対派という人たちの素顔と本音の部分を
 さりげなく、うまく捉えていました。

映像の始まりは、道を駆け抜けていく車の中から
ザワザワと聞こえてくる 緑いっぱいの葉っぱが揺れる音と風・・・。
何がはじまるのか・・・・風の音にオモワズ体が 「ゾクッ!」 としました。

IMG_6799_convert_20090608150818.jpg
photo: 新亀山公園にて

映像は、青森県上北郡六ヶ所村で起こっている現実へと向かう。
そこに出てくる 一人ひとり・生活の中から自然と出てくる言葉が、
「原発?」 何も考えたことのない自分につきくけてくるものがありました。

●原発は必要なの?
エネルギーを得るために原発をつくる。電力消費国日本。
  「安全ですから・・・、資源が必要ですから・・」
自分の生活の直接関係するわけでもないから、興味すらもったことがなかった私。
でも、毎日電力は使っている。

  安全・・・その裏側には、知らされていない環境汚染があって、
  私たちは知ることもなく、自然がまだいっぱいのこっている美しい日本だと思っていた。
  見えない本州の美しい半島の先っぽでは、不安が始まっていました。

IMG_6711_convert_20090606075926.jpg
IMG_6870_convert_20090608065329.jpg photo: 映画のチラシ & 監督のサイン入りDVD
 
六ヶ所村の使用済核燃料菜処理工場では、原子力発電所が1年間に出す放射能が、
1日で空へ海へと放出されているという。。。。。

  「えっ?本当に?」

原発をつくるということは、私たちが背負うべきものもあるということ。
 エネルギーを得た後に必ず出る廃棄物の処理。
 この処理管理に、膨大な年月と お金+体へ影響を与える。

  それを知らずに過ごしている私達と、
  知っていて 生活のためにと、放射能をあびながら仕事をする人がいる。 ・・・複雑。
  「Yes か No」 かと問われたら、 答えられない自分がいました。

IMG_6769_convert_20090608150646.jpg
photo: スタッフと監督のお昼ごはん・仲間がつくってお米と手づくり料理~♪ ホウの葉っぱにのっかって・・・。
IMG_6820_convert_20090608082733.jpgIMG_6768_convert_20090608180648.jpg
 photo: 祝島のひじきで作った ひじきご飯 & スコーン

●何ができるの?
上映会の後、鎌仲監督のトークがありました。
  「Yes・No がいえない ‘私は中立の立場だ。。。’という人は、Yes。
   電力を使っている限り、みんなYes なんですよ。」

   ドキッとしました。 

じゃぁ、何かできることはないのか? 大きな声を出す勇気は、今の私にはない。
一緒に手伝っていた仲間と、しばし話をしました。
    「知らなかった事実を、知ることが大切だよね。」
  興味をもったことのなかった・・・そんな人が増えれば、
  ちょっとづつだけれど、環境に関する意識は変わっていくはず。

  原発に限らず、身近な場所で問題は起きています。
  市民一人ひとりが、意識改革をし、自分の現状はどうなのだろうかと、問いかける。
  とっかかりは、それでいいと思うのです。

IMG_6785_convert_20090608083714.jpg
 photo: 祝島のひじきレポート・展示♪

●さりけなく、人に伝えたい!
上映会の会場に来場した時の鎌仲ひとみ監督は、昨日の交流会の時とは違い、
別人のように見えました。
背筋がピンッとして、やさしいオーラをもちながらも、強いものをもっている。

 この日会場で3回のトークをされた監督は、3回ともほぼ同じ言葉で
 私達にわかりやすく語りかけてきました。
 映像を見た後に耳に入ってきた言葉だから、心の奥のほうに、ズシン と伝わった気がします。

撮影の間には、きっといろんな出来事があったんだろう・・・。
そんな状況の中でも、自分の目で見ているからこそ、伝えることができる。
・・・・伝えることのできる人になりたい。

  微力だけれど、最近興味をもち始めたカメラをもって、
  監督の視点に近づくことができたらいいなぁと、思いました。
   「生きる」 ということを 根っこにおいて、
  自分の生活とのつながりを考えながら、もっと 環境問題について考えてみたい。

真剣に考えるきっかけを与えてくれた、そんな映画 『六ヶ所村ラプソディー』 でした。

   トークが終わり、監督が横をスーと通っていった。
   呼ばれればやってくるスーパーマンのように、かっこよかった!!

IMG_6823_convert_20090608152434.jpg
photo: 私たちのオモイ描いた看板

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アートを楽しもう! | 06:57:46
祝島のびわ
祝島のびわ 

IMG_6737_convert_20090607091200.jpgIMG_6750_convert_20090607091533.jpg
photo: 祝島のびわ

昨日(6月6日)、西京シネマクラブ:主催行われた、『六ヶ所村ラプソディー』の上映会にて、
大好きな島、祝島のびわを買いました♪

  太陽の光 いっぱいあびた、無農薬のびわ。
  あまくてあまくて、おいしいのでした♪

 六ヶ所村ラプソディーのお話は、また書きます。 

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アグリ・アート | 09:18:28
『六ヶ所村ラプソディー』 本日上映! -in 山口-
 『六ヶ所村ラプソディー』 本日上映! -in 山口-

IMG_6709_convert_20090606072926.jpg
photo: 映画のチラシ

6月5日(金)、本日の 『六ヶ所村ラプソディー』上映会を前に
鎌仲ひとみ監督を囲んでの交流会が、19:00~山口市菜香亭で行われました。

  雨がザーザー降るにも関わらず、
   「監督の映画を見たい!監督に会いたい!」 って人たちが、一品持ちよりで集まり、
  和やかな雰囲気の中、それぞれの環境にこだわる話をしながら
  ワイワイガヤガヤ、スローな時間を楽しみました。

IMG_6580_convert_20090606073315.jpg
photo: 交流会 山口市菜香亭にて「乾杯~♪」
IMG_6618_convert_20090606074850.jpgIMG_6562_convert_20090606080105.jpg
photo: 無農薬栽培のおにぎり(古代米入) + 黒五郎ひろしさんのおやき♪

  「監督なんていわないでね♪ 鎌ちゃんって呼んで!」
  「私の映画、よく寝る人いるのよね~~~♪」

  そんな鎌仲監督の言葉にはじまり、皆さんがつくってこられた手作り料理をいただく。
  自分とこでつくったお米、お野菜、びわ・・・愛情たっぷり入った食材の料理はうまい。
  テーブルに並んだ色・形豊かなお料理が、監督や集まった皆さんの会話をはずませました♪

●本日上映!
さて、本日は鎌仲ひとみ監督がつくった映画 『六ヶ所村ラプソディー』 の上映会が
西京シネマクラブの主催で行われます。

IMG_6711_convert_20090606075926.jpg
photo: 映画のチラシより
 
  現在日本には、55基の原発があり、総電力の3分の1をまかなっているそうです。
  山口県でも上関をめぐって、原発に関する報道をご覧になったことがあるはず!?
     「原発、エネルギーを得るためには必要でしょう・・・。」
  なんて、人コトのように思っていた日々。・・・・というか、興味をもったことすらなかった私です。

この5月、上関から船に乗って、祝島 (←クリック:祝島に行ったときの様子) を訪ね、少し考えが変わりました。
 「4年に一度神様が舞い降りる島に行ってみたい。
          画家松田正平さんが愛した島を見てみたい!」
そんな気持ちで室津港から船に乗り、沖へ沖へとすすむ。
そこに広がる青い海に感動し、小さな島の偶然の出来事に、祝島が大好きになりました!

IMG_4338_convert_20090505095448.jpg
photo: 祝島

  ちょうど祝島小学校から見える対岸沿いに、原子力発電所ができるそうです。
  家路に帰って、ある日の新聞で現実を知りました。
     自分自身あまり考えたことのなかった原発に関することを
     今日のこの映画で知り、考えてみたいと思います。 環境の事を一緒に・・・。

●上映会と関連イベント!

本日の上映は、10時30分~スタートで ラストが19時~ の計4回です。

  「六ヶ所村ラプソディー」の上映を応援する会の皆さんによる、ちょっとしたイベントもあります。
  環境・食の地産地消を考える という視点から、
  山口県祝島の特産品試食・販売や、自然の写真展示をしています。
  祝島のびわ茶、びわ、ひじきご飯の試食もありますよ~♪

映画を見て、その後は祝島のイイトコいっぱい見つけてみませんか?
会場でお待ちしています!

             IMG_6715_convert_20090606073136.jpg
            photo: 映画のチラシより

【おススメの映画】
六ヶ所村ラプソディー
・上映日時: 2009年6月6日(土)
・会場: 山口県教育会館 (山口市大手町)
・主催: 西京シネマクラブ
・共催: 六ヶ所村ラプソディーの上映を応援する会
・お問合せ: 西京シネマクラブ tel 083-928-2688

  【あらすじ】
  2004年、六ヶ所村に原発で使った燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場が完成した。
  稼動に向けて動きだした巨大なプロジェクトをめぐって様々な立場の村人たちが登場する。
  推進も反対も核と共に生きることを余儀なくされている。 (チラシより一部抜粋)

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アートを楽しもう! | 06:33:19
椿峠・道
椿峠・道 

IMG_6023_convert_20090605062245.jpg photo: 椿峠より

実家に帰るとき、必ず私が通る道。 それが椿峠です。

 幼いころから見ていた光景が、今大きく変わろうとしています。
 山は大きく切り崩され、川の流れは変えられる。

この春、山口県立美術館で見た 『戦後日本写真入門』 コレクション展を見て以来、
道の変化に興味をもち始めた私。

  峠の光景が、あの時見た写真 「道」 のように見えて、
  子どもに頼んで、後部席からシャッターをきらせた。

IMG_6192_convert_20090605062942.jpg photo: 山の斜面

  そういえば、こうやって大きく道が変わる瞬間を
    「撮らなくてはいけない・・・」
  と、工事現場へ行っては写真を撮っていたという、おじさんのことを思い出しました。

  今、その気持ちが分かる気がします。
  便利にはなるけど・・・・・。

                 IMG_6196_convert_20090605063135.jpg photo: 「道」 椿峠

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。

  

わたしん家 | 06:13:55
『 やっとこ家 』  -天然物・たい焼-
 『 やっとこ家 』   -天然物・たい焼-

IMG_6160_convert_20090604063058.jpg
photo: やっとこ家 天然物たい焼

2009年5月3日まで山口市のギャラリーで開催されていた、
宮嶋康彦 「たい焼の魚拓展」 を見てから、
久しぶりに 天然物のたい焼に会いたくて、周南市にある『やっとこ家』 さんを訪ねました。

 私がやっとこ家さんの江戸前たい焼に初めて出会ったのが 約9ヶ月前の9月のある日。
 その時は、ちょうどアイスモナカのみの販売時期で、
 再度10月車を走らせ、 やっとこやっとこたい焼を買いに行きました。
   初めていただく、しっぽいっぱいまでアンの入ったたい焼は、うまい・うまい♪

今年の4月の終わり・・・『やっとこ家』 さんのたい焼にひょんな場所で再開!
  「えっ??魚拓のたい焼!?」
なんとそれは天然物とよばれ、全国の天然物と一緒にギャラリーに展示されていました。
 ※ 天然物とは、やっとこ(鋳型)で一枚一枚たい焼を手仕事で焼いたたい焼。

IMG_6156_convert_20090604063157.jpgRIMG0108_convert_20090504235727.jpg
photo: やっとこ家 アイスモナカ & 魚拓

あれから約1ヶ月・・・・やっとこ家さんへ行く。
  「魚拓見ました!」
そう言って、たい焼とアイスモナカを注文。 ・・・カタカタ・カチャカチャ、いいにおい~♪

  小さなお店の片隅で 天然物を一枚一枚焼くご主人と
  それをサポートする奥様と お話しすることができました。

              IMG_6117_convert_20090604063407_convert_20090604064214.jpg photo: やっとこ家より 

●魚拓のこと知ってましたか?
「先日の宮嶋さんのトークでは、もう天然物のたい焼はないだろう・・・
 そう思っていたところに、周南市で天然物に出会えたことを、とても喜ばれていました。
 魚拓を採ってる人がいるってコト、ご存知だったんですか?」

   「たい焼の魚拓本を見て、知っていました。(宮嶋康彦さん:著)
    ここへもいつか着てくれたらいいなぁ・・・て思っていたら、来られたんです♪」

わぁ、さすがやっとこをつかって焼く やっとこ家さん。本を読まれていました!!

IMG_6136_convert_20090604063742_convert_20090604064244.jpg
photo: 天然物が生まれる瞬間↑↑ 真ん中!

そおして、カチャカチャいう音の中でお話をしていると、
  「うち用のたい焼の魚拓があるよ!」 って、
宮嶋康彦さんがやっとこ家さんへとプレゼントされた、オリジナルの魚拓を
奥のほうから、奥様がもってきてくれました。

  なんというありがたいめぐりあわせでしょう。
  展示は終わってしまい、もうあったかい色の魚拓には会えない・・・
  そう思っていたところ・・・またこうして魚拓に会うことができた!
 
  うっれしくて、カメラでパシャパシャ撮らせていただきました。

IMG_6143_convert_20090604064138.jpg
photo: やっとこ家さんへ、宮嶋さんからのプレゼント

いろいろ考えてこのお店を開かれたやっとこ家さん。
そのことが、ここに書かれている文字に さらっと表現されていました。

●あっぱれ、職人芸!
注文するとこからは、焼いているご主人の姿は見えません。
のれんをくぐって、カウンターからちょっと見せていただく。

  話しながらも、リズムもって カタカタ焼いている姿は、まさに職人芸!
  愛情がいっぱいこもっていて、やっとこをくるくるまわす大きな手。
  その側で、出来上がったたい焼のふちの部分を
  やさしく切り取っている姿に つい目がいきました。

IMG_6121_convert_20090604065625.jpg photo: たい焼のふちをきれいにしてます。

 「たい焼を焼くのは、ご主人で、それを仕上げるのは奥さんの内助の功。
    たい焼家には、それぞれの人生があるんだよ・・・・それを魚拓で伝えたい。」
 そんなふうに話されていた宮嶋さんの言葉を思い出しました。

●やっぱりたい焼は、やっとこ家!
やっとこ家さんのたい焼は、パリッとしてうまい!!
こだわりがあるから、冷めても皮がパリパリしておいしいのです。

  数ヶ月前、おいしさに惹かれて やっとこ家さんに行っていました。
  『魚拓』 と出会ってからは、焼いているご夫婦に会いたくなりました。

  なくなりつつある 天然物のたい焼を、
  約1年前、ここ周南市でつくろうって思ってくださったことに 感謝です。
  いつまでもここで焼いてほしいなって、思いました。

周南市へ行かれたときは、ぜひ天然物のたい焼に会いに行ってください!
注文を受けてからおじさんが焼くたい焼。しばし、いいにおいと 「音」 をお楽しみください~♪♪

IMG_6154_convert_20090604064404.jpg photo: やっとこ家

【おススメのお店】
江戸前たい焼き 『やっとこ家』
・場所: 周南市2番町2-13 
・OPEN: 正午~午後5時
・定休日:  月・火
・tel: 0834-21-0969

(やっとこ家さんが、このブログを読んでいてくださったようで、ありがとうございます。)

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



まちカフェ・ショップ | 00:37:16
田んぼの準備 -わたしん家の田んぼ ①-
田んぼの準備   -わたしん家の田んぼ ①-

IMG_6075_convert_20090603062910.jpg
photo: 田んぼ 

今年、実家の田んぼ(米づくり)を 手伝うことにしました。
 ・・・といっても、機械をもっているわけでもないので
人ができる部分を、私と我が家の家族で 手伝います。

  春先に三つ鍬かって、田んぼのふちを耕して以来の田んぼ。
  この日(5月30日)は、田植えにむけて、肥料をまきました。

  肥料は全部で60キロ。
  先日、仁保の山本さん家で教えてもらったように、手でまいていきました。

IMG_6070_convert_20090603063125.jpg
         IMG_6061_convert_20090603074044.jpg
 photo: 肥料まく

●肥料まく
ただまけばよいとおもっていた肥料。
これがまいてみないと、20キロ(1袋)がどのくらいでなくなるのか検討つかず。
結局、最初をまきすぎて、後は適当にやったらあまりすぎて、
ぐるぐるぐるぐる。。。。田んぼをまわるのでした。

  途中から、息子もてつだってくれて、パラパラと二人でまきました↑↑↑。

その後、田んぼの周りに生えた草を、鍬もってすきこんでいきました。
トラクターが端っこにはとどかない・・・・・細かいとこは人の手が必要です。

そうしていると、蛇がでてきたり、ミミズやカエル。
  「お!カニ発見!」
田んぼに水を入れ始めたとき、小さなカニをみつけました。
小さいとき、この用水路で遊んだなぁ・・・・

IMG_6086_convert_20090603074216.jpg
photo: 用水路でカニ見~つけた!

●カニとおじちゃん
そうしていると 隣のおじちゃんがやってきて
 「水入れ始めちゃったかね・・・・は~ええですよ。入れちゃって」

言ってる意味がわからず??聞いてみると、うちが田んぼに水を入れ始めると
下の田んぼに水がまわらなくなる・・・・というのです。

  「え?」
みんな田植えの準備をしているわけで、
山から流れてくる用水路の水をつかっているのに、田に水入れちゃ駄目だった????

IMG_6088_convert_20090603073854.jpg
photo: 下駄はいてカニと遊ぶ・・・ 

ちょっと驚き、あわててしまいましたが、
よく聞いてみると、おじちゃん家の田んぼから、下手の水があたらないという家の田んぼに
田をとおして水を送っていたんだそうです。 (なるほど・・・・)

  ひとつ上の田んぼで水を取り出すと、水の流れてくる量が減ってくる。
  そうすると、おくる水の量も おのずと減ってくるから、ちょっと困る。。。

  これまでも、きっと農家ならではのルールがあって、
  なにも知らない私が、ひょんと手伝うと・・・・みなさんも困るのかな、と思いました。

田植えが終わるまで、何度か田んぼに顔を出す。
ちょっとずつ、地のやりかたを おじちゃんに聞いてみないといけないなぁーって思いました。

学ぶことが多い最初の田んぼの準備でした。 つづく・・。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



わたしん家の田んぼ | 06:32:06
次のページ

FC2Ad