■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ビートなかたち展  -山口市-
ビートなかたち展   -山口市-

IMG_0869_convert_20090731070713.jpg
photo: ギャラリーのハガキより

山口市のギャラリーナカノで開催中の、ビートなかたち展に行ってきました。
「何がビートなのかなぁ・・・?」 と思っていきましたが、
   はい、作品がみんなビートなのです!

◆動くビートな作品たち!
<オートマタ>
 ギャラリーへ入って最初に見つけたのが、オートマタ(原田和明)さんの作品です。
 オートマタというと何だろうって、思うかもしれませんが、
 ぜんまいじかけの機械、日本で言うからくり人形みたいなモノ、と
 言えばおわかりになりますでしょうか・・・?

 右側にある、取っ手をくるくる回してみると、ぜんまいが動いて
 うえにのっかっている形たちが、動き出します。

   置いてある作品をひとつひとつ、まわして動かしてみました。
   この動きがなんともかわいい。

   靴の作品があるのですが、回すとコトコトと足ふみをします。
   しかけを横から見てみると、三角形のコマを発見!
   あ~動きを追求すると、この形にになるのかぁ・・・と感心しました。
   「はっ!」 と驚く作品もあるので、ぜひ触ってみてください。

<組み木> 守重シゲ子: 作
 組み木というと、子どもが楽しむもの?
 なんてイメージしていましたが、ここにある組み木は、リズムがある。
 
 同じ形のパーツがたくさんあって、そのひとつひとつを合わせると、
 別の形が生まれてくる。
 でもその形には、ウキウキしてくるようなビートがあるのです。 (何となく音が聞こえてくる)

<チョークアート> YURI: 作
チョークの線や面の部分から、昔聞いた小学校の先生が黒板に字書くような
 カツカツ・スーっていうチョークの音を思い出しました。
 色のグラデーションがきれいです。

<絵画> 桑迫賢太郎: 作
 一番私が好きになったのは、桑迫さんの作品でした。
 本来ある木の色ではないけれど、木がもってる色をみせてくれる。
 森の音を感じる。
 
 色鮮やかな緑の木々たちの作品を、よーく見てみると、
 どの作品にも、緑の妖精? がいます。
 森へいくとね、山には山の神様がいるのだ・・・・と、ちょっと信じている私です。
 
 そして、見てほしいのが、そばに積んである本。「日本国憲法・前文」 の本です。
 前文を細かく文単位で区切り、そこに挿絵が書いてあるのですが、
 これがなんとも不思議で、楽しい!!
 「これ、本当にあの堅苦しいイメージの憲法の前文??」
 とっても、楽しく読めました。 なんか、日本いいぞ!!

そんなわけで、私は私なりのビートをみつけて帰りました。
作品って見ているだけでは 動かないものがたくさんあるけど、
そう自分が動けばいいのです! 体で動く? 心で動く? 
・・・・なんて、今回の作品展をみて、思いました。

  子どもにかえっちゃおう! 楽しいぞ!

【おススメの展示】
ビートなかたち展
・場所: ギャラリーナカノ 山口市中央町1丁目5-14
・期間:~8月3日(月)  11:00~19:00
・電話: 083-924-6648

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



続きを読む >>
スポンサーサイト
アートを楽しもう! | 07:31:51
雨ん中、豆・出きてた・・・。 -わたしん家の畑 ⑧-
雨ん中、豆・出きてた・・・。  -わたしん家の畑 ⑧-

IMG_0860_convert_20090730022725.jpg
photo: わたしん家の豆

IMG_0878_convert_20090730075717.jpg
photo: 小さなきゅうりくん

先日からのすごい雨、ついに1本トマトが枯れてしまいました。 (←雨のせいではないらしい・・・)
スナックエンドウのあとに植えたきゅうりは、雨の中ぐいぐい成長中!

  「ふっと」 っと気がつくと、ずいぶん前に種まいてた豆が、ゆらゆらと実をつけていました。
  葉っぱしょぼしょぼのその茎に、実がつくとは・・・・こっちが、びっくり!
    (他の場所にまいていた同じ豆は、雨の中葉を青々と繁らせていた。)

  なんと強い生命力なんだろう。

  昨日いただいた、新しい小皿にちょこんとのせてみる。
  ちょっとした、収穫の喜び・・・・。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



わたしん家の畑 | 02:30:11
『tennen』 8月は、お休みです~♪ -tennen No.78-
『tennen』 8月は、お休みです~♪  -tennen No.78-

RIMG0037_convert_20090729230412.jpg photo: tennen より
RIMG0045_convert_20090729230020.jpg

◆tennen からのお知らせです。

夏のお店のOPENは、本日(7月29日)までで、
明日から8月いっぱいtennenはお休みになります。
いつもありがとうございます。

  「 秋に向けて、ゆっくり準備します~お楽しみに!」
  と、negiちゃんからのメッセージいただきました。

こ~んなに蒸し暑いのに、秋のニット構想・着々とnegiちゃんつくるですすんでいるそうです。
そんなつくるの様子を、皆さんにも 時々お知らせしますね。
          (※ 9月のOPENの日も、決定しだいお知らせいたします)

------------

さて、大雨のせいで、私もしばらくtennenに行っていませんでした。
皆さん、お知らせが遅くなりました。すみません。

  実は先週は、negiちゃん家も避難勧告が出たそうで、
  お店どころではなかったそうです。
  庭にたくさんの水が流れてこんできて、店を守ろうと長靴履いて・ホウキもって
  negiちゃん、せっせと がんばっていたそうです。
    (裏山のほうに、ため池があるそうで危なかったらしい。 お疲れ様です・・・)

         RIMG0048_convert_20090729230932.jpg
        photo: がんばったnegiちゃんです!

  山口市内は、多くの場所で断水。
  幸いにして、我が家もnegiちゃんとこも断水にはならなかったようです。
  水が出るって、ありがたいことです。

そんな世の中が大変だったこともあり、今週のtennnenは、のんびりしていました。
なんとなくお店もひっそり。 ・・・でも、ちょこんとかわいい小物ありました。
     ↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓

RIMG0018_convert_20090729230151.jpgRIMG0020_convert_20090729230330.jpg

◆negiちゃん、マイケルに変身!

RIMG0028_convert_20090729230545.jpg
photo: ラブリーなnegiちゃん

ひっそりとしているお店とは反対に、negiちゃんマイケルに変身してました!!
訪ねてびっくり、マジでnegiちゃんくるくるパーマです。
どこから見ても、くるくる・くるくる・くるくる・・・見てるとかわいい♪
マイケルの子どもの頃の画像をTVで見て、「これだ!」 って思ったそうで、即美容室へ!

  negiちゃんだから似合うんだなぁ~これが! 皆さんにも会ってほしかった・・・残念。
  9月には、どんなヘアスタイルになってるのかな?今から楽しみです。

行くと、いつも楽しいことが待っている。
そんなワクワクのtennen、negiちゃんゆっくり充電 & つ・く・る して下さい・♪・♪

      RIMG0014_convert_20090729231656.jpg
      photo: negiちゃん家

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



negiちゃん家 -tennen- | 22:45:18
『わっか屋』 さんと 写真展と 『パンや楽』
『わっか屋』 さんと 写真展と 『パンや楽』 
-山口市-

IMG_0825_convert_20090728041859.jpgIMG_0820_convert_20090728042201.jpg
photo: わっか屋 にて

山口市にある 人と地球が喜ぶ暮らし 『わっか屋』 さんにて、7月11日から開催していた、
まちなかアートミニ写真展、おととい26日に終了しました。
突然の展示にも関わらず、多くの方に興味をもって見ていただき、ありがとうございました。

  今回の写真は、長門市油谷にある 「百姓庵」 を訪ねた時の写真でした。

  山口市市民活動支援センター・さぽらんてにて行われた、「環境サロン」での展示。
  そこから移動して、百姓庵で作られた 『百姓の塩』 がある、わっか屋さんでの展示。
  会場が変わると写真の見え方も変るようで、
  築ウン十年という建物の雰囲気と、やわらかい自然の光の中で、
  写真達も生き生きしてみえました。

◆わっか屋 と 百姓の塩 

IMG_0797_convert_20090728043023.jpgIMG_0855_convert_20090728044006.jpg
photo: みるたびに親しみのわくわっか屋さんの看板 & わっか屋新聞 (読んでるとやさしい気持ちになれます)

なんといっても、「自然の大切さや生きている喜び」 を知っている
お店のまいこちゃんがそばにいて、
ちょっとしたきっかけで、お客様に写真についてのお話をしてくださる・・・。
そばにある、塩の見え方も 変わっていたのではないかなぁ・・・と思います。

  塩を作る時の様子をみて、私だって感動しました!
  百姓庵さんにとっては、いつもの仕事だけれど、私たちにとっては、初めての経験。

  「海生海帰・・・私たちの体は、母なる海から生まれ、やがて土になり、海へと帰っていく。」
  生きるためには、塩に含まれているミネラル成分がたくさん必要で、
  その基本となる塩を、地元山口の海水でつくっている人がいて
  それを体に入れることができる。 ありがたいことです。
 
●パンや楽 ・ の楽
        IMG_0843_convert_20090728043445.jpg photo: ベーグル (夜食卓にて撮影)

さて、話はちょっとかわって・・・・・・
写真撤去の日、私が大好きな 『パンや楽』 さんのことが書いてある、
冊子をわっか屋さんにいただきました。
読んでみると 「楽」 って言う、名前の由来について書いてありました。

  「人生いろいろあるでしょ、気持ちを落ち着かせるために
   空に向かって ら~く~ぅ って、空に向かって大声を出したら
   らくになった・・・その思いを名前にしました」


そうだったのか・・・私も最近いろいろ抱え込んでしまい 「ら~く~ぅ~」 と叫びたい!
ちょっと焼くとパンの表面のパリパリ感と内側のモチモチ感が増しておいしいよっていう、
パンや楽さんの ベーグル を買って帰りました。
ほんと、焼くとおいしかった、、、幸せ~♪

  先月から パンや楽 さんでは、土曜日だけのcafeをはじめられたそうです。(岩国市・予約制)
  いつか、行ってみたいです。


◆やっぱり家族
さてさて、先日からの大雨で、いろんなことを体験し 自然に対する見方や 食生活、
なんといっても 家族へのオモイが変わってきたわたしん家です。
風のまつりでも、「今の時代をどう生きる???」 なんて話を聞いて、
今更ながら、基本は家族・・・って感じています。 自分ばかりが走ってはいけません。

  なんだか、やってみたいとオモウコトが出てきたので、
  それにむかって準備をはじめるぞ!! きっと時間はかかるけどね♪

大きな意味で地球や自然を守り、共存したいとおもっている人が育てた・つくった
食物等がある、空間で展示できたことに感謝します。
今後もオモイをもって、大地を耕す人の写真を撮っていけたらと思います。

わっか屋さん、ご協力ありがとうございました。

IMG_0800_convert_20090728044603.jpg photo: わっか屋さん家の、ゴーヤ

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



わたしん家 | 04:08:36
桃 

IMG_0840_convert_20090727072244.jpg
IMG_0842_convert_20090727072404.jpg
photo: おじいちゃんのお友達の農園でできた桃

大きな桃が我が家に届きました。 (おじいちゃんがもってきた)
この大雨で桃に傷がつき、出荷できないというのです。

それともう一つ、既に刻まれ コトコト炊いた桃入りの大きな鍋あり。
それに砂糖をもう少し加えて、ジャムにしました。 (何個分の桃なのだろうか・・・)

  この大雨で、生産者の方の被害も大きいことでしょう。
  ちょっとした傷のあるモノ(出荷できないもの)を、安値で消費者が買うことができる。  
  そんなネットワークができるといいなぁ・・と思いました。

それをおじいちゃんに話すと、
  「桃は、すぐいたんでしまうから難しいんじゃ・・」 といわれ
  品物にもよるのか・・・と、気づかされました。

消費者には、生産者のわからない大変なことがいっぱい。
そんな大変な部分を知って、お互いが生活ができる価格で
食物の流通があるとよいなぁ・・・と思いました。

  桃は、水分をいっぱいふくんでいて、おいしかった。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アグリ・アート | 07:31:31
ほてい草  
ほてい草 

IMG_9082_convert_20090726110933.jpgIMG_9099_convert_20090726111141.jpg
photo: ほてい草 山口市

山口市にある、正護寺で行われた展示会での帰り道、
 「あっ!」  と、思わせる光景に出会いました。

  小さな紫色の花が咲き誇る姿あり。

  ため池?
  立ち止まらなければ、きっと人の目に触れることがないくらいに、
  ひっそりと、紫の花は 微笑んでいた。

  睡蓮じゃない・・・「ほてい草」 の花でした。

ほてい草って、花を咲かせるんだ・・・
なんとも大量に咲く花に、身体をふるわせるのでした・・・・。

雨が早くあがるといいなぁ・・・・・。災害が心配です。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アグリ・アート | 11:15:05
梅・酵素ジュース ~完成♪
梅・酵素ジュース~ 完成♪ 

IMG_0288_convert_20090725100157.jpg
photo: 梅酵素ジュース、できました♪

7月5日に仕込んだ梅酵素ジュース。 約1週間後に、完成しました!!
 (作り方は↑をクリック)

   きび砂糖いっぱいになっていた梅のビンは、なんと翌日には砂糖が液体化。
   上には、梅 ぷかぷか 浮いていました。

その中に、1日1回素手を突っ込んで、右方向へまわす。
手についた雑菌も一緒に混ぜちゃおう~♪
    (最初よくわかっておらず、1回転しか混ぜていませんでした。
     よく聞くと、砂糖が混ざるように1回 しっかりとかき混ぜるそうです。)

早々してる間に、1週間と2日経過。
ビンの中には、小さな泡がプツプツとわいていました。
そして、ぷりぷりしていた梅は、しわしわ~~~に。梅エキスがいっぱい出た証拠です。

  「プチプチ・プチプチ・・・」 

  ビンの口に耳をあてると、小さな音が聞こえてきます。
  こうれが、酵素なのです。

<混ぜ混ぜして、1週間たったら>

  ①梅を砂糖と同量に漬け込んで、毎日一回時計回りにかき混ぜる。 (1週間は続ける)
  ②プチプチと、音がたってきたら出来上がり。
  ③ざるを用意して、果肉と液体をわけます。
       果肉 → ジャムへ
      液体(これが酵素) → 冷蔵庫で保管。 (冷たくなることで、発酵がとまります)
  ④梅酵素を適量カップへそそぎ、好みで水で薄めて飲みます
      (※ 熱を加えてしまうと、せっかく出来た酵素が破壊されてしまいます)

IMG_9597_convert_20090705113433.jpgIMG_0273_convert_20090725100412.jpg
 photo: 吉松さん家の完熟梅 & 黄金色した梅酵素エキス

初めての 「梅酵素ジュース」、あんがい簡単にできました!
酵素ジュースは、梅以外の食物でも出来るそうです。
梅は水分をた~くさん含んでいるので、一度にたくさんの量ができます。

  今話題の酵素です!
  皆さんも手軽に出来る健康法として、やってみてはいかがですか?
  かき混ぜるときの、ぬめぬめ感がとっても気持ちよかったです。(笑)

私は、毎朝一杯、梅酵素ジュースを飲んでいます。
梅って、梅干という概念しかなかったけれど、いろんなところで大活躍!
たくさんいただいた梅たちが、こうやって おいしく・元気に 体に入っていくことがうれしいです。

 ◎梅ジャムがちょっと苦手な子どもには、パウンドケーキがおススメ!
    梅ジャム、我が家の子ども達はちょっと苦手。
    そこで、パウンドケーキに練りこんで焼いてみました。
    すると、焼くことで梅の酸味がなくなり 甘みもまして 大喜びで食べてました。
    こちらも、おためしあれ~♪
  
※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。

  

スロー・レシピ | 10:08:46
マックさん家で 『らっきょう』 こしらえる~♪  ②
マックさん家で 『らっきょう』 こしらえる~♪ 
  -山口市仁保 ②-

IMG_8694_convert_20090709062103.jpgIMG_8777_convert_20090723073653.jpg
photo: 上・塩をまぶして出番を待つらっきょう  下・ 笑う木小屋には、「笑顔」 が隠れています!
     
6月26日(金)、山口市仁保にある 『笑う木小屋』 にて、
シャリシャリ感が長持ちするという、らっきょう作りを体験しました。
 (すろーふーどライフ和 :主催)

  前回、マックさん家の土のついたらっきょうを、きれいに洗って薄皮をむき、
  塩をさっとかけて しばらく置くところまでご紹介しました。
  今日は、そのつづきをご紹介します。 (前回の内容は、こちらをクリック!)

   ※ 笑う木小屋とは・・・・
      フィージーやパプアニューギニアなどの南太平洋の島々で
      約30年間過ごしてきたマック池田さんが、地元山口に帰郷して、
      手づくりで建てた、木小屋です。
      自然の中での遊び、石がまをつかったパンやピザ作りなど
      のんびりとした山の木漏れ日を浴びながら、普段出来ない体験を することが出来ます。 


◆前回の様子

IMG_8599_convert_20090723073826.jpg

主婦7人で、わいわいガヤガヤ! おしゃべりしながら、分担作業をしました。

  らっきょうの根と芽を切り落とす → らっきょう洗う (何度が繰りかえす)
                 → 薄皮とる → 塩まぶして待つ 

  7人分のらっきょうの量は、最低でも14キロ。
  すっごい量になりました! 
  涙も出たけど、真珠のように白くなっていくらっきょうに、だんだん愛着がわいてくるのでした。
  ホント、キュッキュ・プリプリなんどぇ~す!

◆『へんてこ麺!』 登場~!

IMG_8667_convert_20090724061802.jpg
photo: 可多愛パン
IMG_8701_convert_20090724060427.jpgIMG_8548_convert_20090724060549.jpg
photo: マックさんが名づけたへんてこ麺 & 麺打ち中のマックさんの手

一仕事した後に、ちょっとみんなで 昼食&休憩タイム!
マックさんお手製の へんてこ麺 & 可多愛バン  をいただきました!

 可多愛パンは、ご存知の方も多いかな?
 小麦・ライ麦をつかった、噛みごたえのあるパンです。
 半日かけて、自然発酵させたパンで、噛めば噛むほどに素朴な味がうまみに変わり、
 ついついやめられなくなってしまう、パンなのです。

 そして、今回初めていただいたのが、へんてこ麺!
 実はこちらも、小麦・ライ麦を使ってつくっているそうですが、
 作り方は、秘密秘密!

 一見おそばのようにも見えますが、こしのある へんてこな麺 です。
 うどんでも、おそばでもないけど、麺つゆにつけていただくと、不思議とおいしいのです。
  「まさに、へんてこだぁ♪」
 そんなネーミングをつけた、マックさんを素敵に思うのでした。

◆さぁ、らっきょうに熱湯かけます!
さて、らっきょうも 乾いてきたところで、一度、さっと 熱湯をかけます。
 (我が家の母親は、熱湯に10秒くらいくぐらせてました。いろいろ秘伝は違います)

   次々に、らっきょうが湯を浴びる。
   この瞬間のらっきょうがとってもきれいでした。

◆仕上げは、らっきょう酢!

IMG_8719_convert_20090724062214.jpg
photo: 3年モノのらっきょう シャキシャキしていた!

最後の仕上げは、らっきょう酢です。
湯をかけた らっきょうが乾いたら・・・・重さを量ってビンにつめていきます。
(キッチンペーパーで、水気をとってもよい)

  保存ビン・アルコール消毒 → らっきょう & らっきょう酢を入れる 
                               → 好みで鷹の爪を入れて!

  そうして、味がしみこむのをじっと待つのです。
    (途中で、泡がたち発酵してきたら、蓋を開けてガス抜きをしましょう)

<このまま3年たったら・・・???>
  休憩タイムの時、3年モノのらっきょうをいただきました。
  普通だったら、なんとなくドロンとして、シャキシャキ感がなくなってしまうらっきょう。
  でも、マックさん家のらっきょうは、プリプリのシャキシャキでした。
  らっきょう酢にも、秘密がありそうです!

     あめ色のらっきょうが、キラキラして また美しい~。

  らっきょうは、血液をきれいにしてくれるし、夏バテ防止にもなるそうです。
  我が家のらっきょうは、いつ食べれるようになるかな???? 楽しみだぁ・・・♪

            IMG_8728_convert_20090724062609.jpg
          photo: マックさんおススメのらっきょう酢!「恵美酢」 (岩国市) 

◆おばぁちゃん・・・

IMG_8800_convert_20090724064121_convert_20090724064529.jpg photo: マックさん家のおばあちゃん

軒下で作業していたおばぁちゃん、私が帰るころも
まだまだ、らっきょう仕事してました。
    「あきんですか・・・・?」
    「はぁ、毎日やっちょりますけー・・・・」
 
  仁保の山のふもとで、静かに静かに時間は流れているのでした。

マックさん家の 『らっきょうづくり』
忙しい時間をわすれされてくれる、どこか懐かしくてホッとできる時間でした。
大地で出来た地元のモノを、地元の人に教えてもらいながら
らっきょうをこしらえる・・・・ありがたいなぁ。 仁保のエネルギーをいただきます♪
  マジで、よく笑いました!!

笑う木小屋では、他にも体験学習が出来るそうです。
いつか、また訪れてみたい場所です。
IMG_8767_convert_20090724063719.jpg
photo: 6月26日 マイケル記念のわたしん家のらっきょう。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



スロー・アート・ツーリズム | 06:26:08
佐波山トンネル -防府市-
佐波山トンネル  -防府市-

IMG_9867_convert_20090724035119.jpg
photo: 太陽の光をいっぱいあびて・百姓庵の畑より

昨日、仕事の関係で、土石流関係の記事をたくさん目にしました。
そこで見た光景は、予想以上に悲惨な状況だった。

ある新聞のドキュメンタリーを読んで、ゾッとした。
私は土石流が起こる約50分くらい前に、佐波山トンネルを通過していたのだ。
  (2時間くらい前だと思っていた)

  防府から山口へ向かう・・・
  新幹線の下あたりを通ってからになるのだろうか・・・?
  左側に無人の花売り場があるあたりくらいからはすでに泥水状態。
  2車線のうち左側車線は一本の川のようになっていて、水がバンバン流れてくる。
  その左側の斜面にある家から人の姿が見えていた。
  それまで通ってきた川のような道とは、また違う恐ろしい異様な状況だった。

  それでも山口方面の登り道はまだましで、反対の下り車線は、
  一部のところに、土砂や大きな石・流木が流れ着いており2車線をふさぐような中
  車が蛇行しながら、走っていた気がする。
  それは、半端ではない茶色の濁流の中だった。

土石流がひどかったのは、このあたりのコトだったのだろうな・・・と
新聞をみながら思いおこす。

ただ目の前の光景が恐ろしくて、息子を助手席に乗せ 「一刻も早くここをとりぬけなければ・・・」
そんな気持ちでハンドルを握ってた。

道を守る人、誘導する人、助けを求める人
その姿を横目に見ながら、何もできず・・・・私は生かさせてもらった。
記事を読むたび 悲惨な光景が頭をかけめぐり、改めて心が痛みました。

  行方不明になられた方が、早くみつかることを祈ります。
  また、犠牲となられた方のご冥福をお祈りいたします。

  今も現場で命をかけてたたかっていらっしゃる皆様に、エールです!
  2次災害が起きませんように。。。

◆ハザードマップを広げて見よう!
山口でも災害は起こる。

  そういえば、何かと一緒にハザードマップが配布されていた事を思い出し、
  昨日夜は、子どもと一緒に、はじめてハザードマップを広げてみました。
  住んでいる地区にも、土石流危険区域というのがあり驚きました。

  実際に 恐ろしさを体験してみないと、わからないこともある。

皆さんも家庭に眠っているであろう、ハザードマップを今一度目を通してみませんか?
浸水地域のコトも、詳しくのっていました。
日ごろからの問題意識や ご近所さんとのお付き合いが大切だと感じました。

今起こっている事を、しっかりと記憶しておきたいと思う。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



わたしん家 | 04:01:54
『 塩の結晶 』  -長門市油谷-
『 塩の結晶 』   -長門市油谷-

IMG_0072_convert_20090723075622.jpgIMG_0068_convert_20090723075733.jpg
photo: 樽にねかせた後にゆっくり出来る、塩の結晶 & 塩つくるの手 ・百姓庵より

7月12日、友達と一緒に「百姓庵」 を訪ねました。
そこで、見たもの。 ・・・・それは、塩の結晶、ピラミッドでした。

  「塩は昔からあるモノで、きっとこの海水から出来た塩の結晶を見て、
   エジプトの王様は、この形のお墓に入りたいと ピラミッドを作ったんだよ!
   僕は、そう思う・・・・」

  そんな、百姓庵の井上さんの言葉に、こころをワクワクさせるのでした・・・♪
  
※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。





アグリ・アート | 07:59:41
『 風のまつり 』  行ってきました。 -岩国市・らかん高原キャンプ場-
『 風のまつり 』 行ってきました。
     -岩国市・らかん高原キャンプ場-

IMG_0742_convert_20090722065627.jpgIMG_0697_convert_20090722065503.jpg
photo: 風のまつり・ランプ & 風のまつり会場でつくった、七輪陶芸(萩焼)

21日、午前11時過ぎ山口へ帰ってきました。

大雨のため、予定を変更しながら帰ってきた我が家。 (途中実家で一休み)
それでも、朝からの大渋滞と、通行止め、豪雨、川の氾濫・・・・・
道とは思えない川のような道を走って、家路にたどりつきました。

  道具をいろいろ片付け 疲れ果て、うたた寝・・・・数時間。
  夜目が覚めると、通ってきた防府の佐波山トンネル前で
  土石流(災害)が起きていました。

◆土石流
IMG_0788_convert_20090722192503.jpg
photo: 椿峠の手前の山で鉄砲水

 「約2時間遅かったら、私も災害に巻き込まれていたかもしれない。」 
 ネットで画像をみつけてビックリ、ゾッとしました。
 
  佐波山トンネルの前の上り坂、大小の茶色の岩がころげおち、
  茶色の水がすごい勢いで、流れていた。
      「こんな光景見たことない!!」

   そこには、現場を見守る人の姿や 誘導の人がいて、
  道の上には、流れくる水と 家を心配そうに見ている人の姿も見えました。

  反対車線は、もっと凄い濁流のような状態で、それでも車は走っていた。

    「何が起きているの ここは??」 

  壁の割れ目から水が吹き出ている! それから数時間の出来事だった。。。

◆風のまつり・・・ 
IMG_0566_convert_20090722192153.jpg
photo: 初めて張ったテント

初めてのテント張り、豪雨・雷 息子と二人、テントで肩寄せる
自由人でありつつ、問題意識をもっている強い人たちとの出会い・・・・。

  20日の20時半羅漢山を出発。
  真っ暗闇の中、風のまつりで知り合った人と共に車を連ね
  不安ながらに深い霧の中を、ひたすら走り抜けた。恐かった。

  翌朝、豪雨の中やっとこさで家路にたどり着き、ただ生きていることに感謝しました。

初めて行った 『風のまつり』
風と雨のなかで、命の大切さと 自然の偉大さ恐さを感じる時間でした。
  風がふき、風になる・・・家族が一番大切なのだと思った。

  (不思議ですね、さっきから書こうとするのに、何度も文章画面が消えてしまい、書けません(涙)
  風のまつりでのことは、またぼちぼち書きます。)


       IMG_0775_convert_20090722193325.jpg
        photo: 下山する前、友達の家族とやった花火


※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。

  

わたしん家 | 06:22:05
「風のまつり」 -岩国市・らかん高原キャンプ場-
「風のまつり」   -岩国市・らかん高原キャンプ場-

RIMG0005_convert_20090718164942.jpg
photo: チラシより

18日の夜から、岩国市錦町のらかん高原キャンプ場で開催される、
『風のまつり』 へ、行ってきます。
  (昨日テントを買って、ただ今いそいそバタバタと準備中・・・)

  「風をおこす、風にのる、風になる」
   そのチラシの言葉に惹かれ、風を感じてきます。

 いつ帰ってくるかは、天候しだい。
 それまで、ブログの書き込みはお休みします。

  いつも読んでいただき、ありがとうございます。
  カメラも持っていくので、きっときっと素敵な風に出会えることでしょう・・・。

RIMG0003_convert_20090718171102.jpg
RIMG0004_convert_20090718165102.jpg
  photo: チラシより

◆風のまつり
・日時: 2009年7月18・19・20日
・場所: らかん高原キャンプ場
・入場料: 通し券 3,000円 一日券 2,000円 
       中学生以下 無料

  いろんなワークショップや、自然派のお店などの出展があるようです。
  基本的には、エコ! マイ箸・マイコップ・マイ皿・ゴミ袋をお持ちください。
  ゴミは、各自の持ち帰りです。

よかったら、皆さんも出かけてみませんか?
            
                     RIMG0008_convert_20090718170137.jpg 
                     photo: チラシより

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



わたしん家 | 16:49:38
たまねぎ
たまねぎ 

IMG_9353_convert_20090717072153.jpgIMG_9356_convert_20090717072014.jpg
photo: 徳佐・吉松さん家のたまねぎ

「うわぁ・・・たまねぎ・たまねぎ!!」
    ・・・・何ともうれしくて、たまらない瞬間だった。

  ゆらゆら根っこ、ギュっギュったまねぎ♪

この茶色の皮をつかって、染色し、着物を仕立てる人もいるのだから
不思議不思議の、アグリアートなのです。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アグリ・アート | 07:25:48
梅雨の 『水遊び』
梅雨の 『水遊び』 

IMG_9288_convert_20090716092225.jpg
photo: 徳佐・田んぼの生き物調査より

水、ぶっかけられました!!
  「うれし、楽しや、用水路~♪」

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アグリ・アート | 09:24:05
ビワの葉療法
ビワの葉療法 

IMG_6271_convert_20090708083150.jpgIMG_6737_convert_20090607091200.jpg
photo: 百姓庵 & 祝島のビワ

ビワには、すっごい力があるそうです! 
そんなことも知らずに、今年ビワに惹かれて写真を撮っていた日々・・・。

  今、その力を借りて、心身ともに 癒されつつある私です。

実は、7月から帯状疱疹になってしまい、左胸あたりの激痛とたたかっていました。
ようやく緩やかな痛みに変わってきたトコです。

  【症状】
  発疹が出る1週間前から、ピリピリとした痛みがひどくなり
  7日目には、痛みで目が覚めるほどの痛みになる。 (鎮痛剤があまりきかない)
  痛みから8日目、発疹がポツポツ出て、初めて抗ウィルス剤が飲める(約1週間)。
   発疹が下着にあたると激痛に変わる(涙・・・)
  この発疹が枯れても、後遺症として神経痛がのこるそうだ。
  神経痛の残り方(期間)で、どれだけ体に負担があったのかわかるという・・・。


◆ある日のこと・・・
「帯状疱疹は、疲れとストレスからくるもので、血流が悪くなってるのよ。
  血流を良くする、そして、痛みを楽にしてくれる ビワの葉療法をやってみては?」
 と、 知り合いから 温灸セットを借りました。

ありがたいことに 『ビワの葉療法』 という本を一緒に貸していただき
はじめて、ビワの葉の薬効を 詳しく知りました。

◆ビワの薬効
ビワの葉は、様々な病気に伴う苦痛を癒し、自然治癒力を高めてくれるそうです。
  (病気の原因となる、汚れた酸性血液を 健康体に必要な弱アルカリ性の血液にする。
   詳しくは、書籍等をお読みください)
  

 血液を浄化する → 自然治癒力を高めることで、健康体へ 

 なんと3000年も前から、ビワの葉療法はあり、仏教と共に日本に入ってきたそうです。
 だからお寺には、ビワの木がよく植えてある・・・。
 びわの葉、実、種、幹、根も 昔から生薬として活用されてきました。

◆温灸 (ビワの葉エキス)でコミュニケーション!

IMG_0298_convert_20090715071831.jpg photo: ビワエキス & 温灸マシーン

私は、ビワの葉エキスを、体の経路に通じる ツボへ温灸をしています。
おもしろい形の温灸マシーン。
中にシートが入っているので、そこにエキスをしみこませ
熱で蒸発させながら、体の中へと エキスが入っていきます。

  これが、ひじょ~に気持ちよくて・・
  初めて温灸をした日、そのまま朝まで熟睡してしまいました。
    (以後、足の裏から初めてお腹・・・首まで、1時間くらいかけてやっている)

  一人では、届かないツボもあるので、主人や子どもの手を借ります。
  気がついたら、そばに一緒に寝ていたりして、
  なんとも 温灸しながら、家族の関わりを楽しんでいます・・・。

  子どもの首のグリグリのことに、温灸をする。
  最初は、「あつい~!」
  と、言っていたのに、最後には自分で首にあてていました。
  気持ちいいことがわかると、よろこんでを手当てをしてくれました!
 
   ※ なかなか、おちつけない。
     リラックスできないとき、このツボに温灸すると効果があるそうです。


◆ビワ
ビワ・・・・、正直なところ 買ってまで 食べたことがありませんでした。
でも今年、なぜがビワとめぐり合うことが多くて、いつになくビワを食しました。

  そして、そのビワにはすごい生命力を感じパシャパシャ写真を撮りました。
  こうやって、ビワのことを知るために 出会っていたのだと思うと
  不思議でたまりません。
   
ちょっと無理しすぎていた体のことを考え始めたとき、
昔からある 『日本の知恵と文化』 に感謝する日々です。

                 IMG_6228_convert_20090712211317.jpg

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。




雑学 | 06:19:21
イモリ の子ども
イモリ の子ども 

IMG_9302_convert_20090714060848.jpg

7月4日(日)、徳佐にある吉松さん家の田んぼで生き物調査をしました。
  その時みつけた、イモリのこどもです。
  ひらひらした、エラがあるのがわかりますか?

  イモリはカエルと同じで、幼生期、水の中でエラ呼吸して過ごします。
  初めて知りました・・・・・♪

  ◎イモリが1匹田んぼにいる = おちゃわん 1802杯 分の稲が育つことが出来る。
       (※ おちゃわん1杯= 稲3株 = ご飯つぶ 3000~4000個)

田んぼに住んでる生き物で、田んぼの環境がわかるそうです。
この日の様子は、また後日・・・。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。
 


アグリ・アート | 06:11:51
バック&ワンピ&・・・ -tennen No.77 -
バック&ワンピ&・・・   -tennen No.77 -

IMG_9650_convert_20090713033205.jpgIMG_9632_convert_20090713032851.jpg
photo: バック

先週の夕方行った、negiちゃん家の続きです。
今日からは、また新アイテムがふえているやもしれません。

◆バック
さて、ご紹介! かわいいバックできてました。↑↑
なんと、ぺたぺたハッつけてあるのは、お洋服のタグです!
  こうやって、並べてみると いろんなタグがありますね。 見ているだけで結構楽しい♪

IMG_9708_convert_20090713033702.jpg photo: バック

   このバックは、編み編み↑↑↑作品。
   前回のバックと同じように、内袋には「tennen」の文字がひっそりと隠れています。
   これが、おしゃれなんですよね♪

◆シャツワンピ
negiちゃんおススメは、シャツワンピ。
こちらも、袖もとのデザインが一風変わっていておもしろい。
  そして、この秘密は・・・・なんと生地が、大判のシーツなのです。
  ってことは?
  そう、気づいたかな・・・・うえのカバンの生地にもご注目!
  やっぱり、negiちゃんの発想は素敵です。

                        IMG_9701_convert_20090713033518.jpg
            photo: シャツワンピ

◆ピンタックワンピース
こちらも、お気に入りのワンピースです。
ピンタックの部分が、negiちゃんのお気に入り。
紺色のワンピースは、カジュアルなんだけど、襟元の雰囲気がかわいらしさを出してます。

IMG_9699_convert_20090713035301.jpg
photo: 紺色生地のアンティーク風チュニック

   なんとなんと、いつも作品に新しいデザインを見せてくれるnegiちゃんです。
   今週は、どんなモノができあがっているかな???
   楽しみ・楽しみ~♪

                          IMG_9682_convert_20090713062448.jpg photo: tennen

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。
 


negiちゃん家 -tennen- | 06:26:21
まちなかアート3丁目 ミニ写真展 2 -わっか屋 (山口市)-
まちなかアート3丁目 ミニ写真展 2
    -わっか屋 (山口市)-

IMG_6270_convert_20090621065345.jpgIMG_9773_convert_20090712094046.jpg
photo: 百姓庵 & わっか屋

本日より、山口市の 「わっか屋」 さんにて 『まちなかアート3丁目 ミニ写真展』 を
開催します! (7月22日くらいまでを予定)

  ~7月7日(火)まで、市民活動支援センター「さぽらんて」 にて開催していた
   『まちなかアート3丁目 ミニ写真展』
  百姓庵の お塩 のつながりから、 山口市の「わっか屋」さんへ移動して
  展示をさせていただくことになりました。 ありがたいことです。

  場所が変わると、写真からみえてくるものも ちょっと違う・・・・。
  昨日の夜、わっか屋さんで展示しながら、そう思いました。

  わっか屋さんの築○○十年の歴史ある建物と、珪藻土の壁がいい雰囲気をだしていました。

IMG_9776_convert_20090712094433.jpg photo: わっか屋さんより

◆百姓の塩 『わっか屋』 さんにあります!
今回の写真のテーマは、「百姓庵 と 塩づくり」 (長門市油谷)
私が、百姓庵さんを訪ねたとき そこで見た光景です。

  わっか屋さんには、百姓庵の ‘百姓の塩、にがり’ がありますので、
  ぜひ、手にとって見て、店長のまいちゃんのお話を聞いてみてください。
  そおしてまた、側の写真を見たり、奥の部屋にも展示してあるので、
  靴ぬいで、ゆっくりと お楽しみください。

               IMG_3550_convert_20090426093047.jpg photo: 百姓の塩

◆ 「にがり」 をつかった、美肌づくり♪
ちょっと、いいお話をひとつ。
にがりを使った せっけん洗顔は、皮膚の古い角質をとってくれます。

 <用意するもの>
   せっけん、にがり (百姓庵さんのがおススメ)
 <使い方>
   ① せっけんをよく泡出てます。
   ② 泡立てたせっけんに、にがりを数滴たらし、そのまま洗顔する。

  こするたんびに、古い角質がポロポロと取れてきますよ!
  ぜひ、お試しください!
   
◆作品展示中の 『わっか屋』 さん
RIMG0122_convert_20081112063934.jpg photo: わっか屋 2008年11月撮影

人と地球が喜ぶ暮らし 『わっか屋』 さんには、
山口の無農薬の野菜、お米、ハチミツ、卵、天然酵母パン、オーガニック食品・調味料
他、様々な こだわりの商品が 胸はって並んでいます。
 
  手に取ってみると、どれも裏側のラベル表示を見てみたくなってくるモノばかり、
  でも、私はいつも 店長の まいちゃんに、いろいろ教えてもらっています。

・場所: 山口市金古曽町1-9
・電話: 083-932-7880
・定休日: 火曜日  駐車場: あり
  
 ( 展示をしながらのことですが、初めてわっか屋のかくさんとゆっくりお話をしました。
    こんな身近なところに、職人さんがいらっしゃいました!
    またいつか、かくさんの手仕事を見てみたいです。)


※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



小さなギャラリー | 08:44:22
すけっと隊・草取り -わたしん家の田んぼ ⑥-
すけっと隊・草取り    -わたしん家の田んぼ ⑥-

IMG_7523_convert_20090711063946.jpgIMG_9243_convert_20090711062238.jpg
photo: 田んぼの草・アート~♪
上: 浮き草
下: 草(コナギ)はびこる、よそん家の田んぼ。
     ※ ここの田んぼは、無農薬栽培のため、これからすべて手作業で抜いていくそうです! すっごーい!!


7月のはじめから、私が体調を崩し、
気になる田んぼへ、草取りにいけなくなってしまいました。

前回見た、コナギや稗が成長していると思うと、ぞっとする日々。
しかし、自分の体がいうことを利きません。(涙)

  ・・・・ということで、7月9日、すけっと隊:主人に田んぼへいってもらいました!

  「草どうやった?」
  「思ったほど生えてはいなかったけど、出来るだけ抜いた」

  「それより、田んぼに直接水が入っている部分が気になって、
   おじいちゃんと一緒に 波板を買ってきて、水の通路を田んぼの中に作ってきたよ・・・・」

確かに、うちの田んぼ 冷たい水がバンバン田んぼへと入ってくる。
田植えの時から気になっていた。 水が直接あたる部分は 苗の発育も悪い・・。

  「やばいよなぁ・・・」 と思っていても、よーわからんし
  とりあえず、私は目の前に見える草だけを抜いていた。(苦笑)

◆視点の違いに感謝!
視点が変わると、同じ田んぼでも 見えてくるモノが違う。
草を抜くだけではなく、全体のこともたまには見てあげないといけない。

  娘の私がわからないままに、田んぼのことに口を出すと怒られる。
  うん、ここは主人に任せよう・・・。

この週末も、まだ病み上がりの途中で 田んぼ仕事にはいけそうもありません。
田んぼの草は、7月中に抜かないといけないそうで・・・気持ちばかりがあせります。
みなさん家の田んぼは、どんなですか?

【我が家がまいた除草剤】  (JAのアドバイスにより、購入)
  ① 田植え前: デルカット乳剤 
   使用方法: ボトルペットを押すようにして、直接水面へまく。 (田植えの1週間まえがのぞましい)
   白い膜が、水面に出来るが、すぐ消える。
   1週間くらいは、水をはり、水が流れていかないようにする。

  ②田植え後: ダブルスター粒剤
    使用方法: 手でまくか、散粒機で、まんべんなくまく。 (田植え後、1週間)
     1週間くらいは、水をはり、水が流れていかないようにする。

昨年、稗が多かったため、乳剤を追加。
でも、現在草は生えてます。・・・・やらなかったら、もっとひどかったのかな???
 
  生物はちゃ~んと 生きてますよ♪

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



わたしん家の田んぼ | 05:23:00
しんちゃんからの お届けモノ  -北原慎二さん:作 エコバック-
しんちゃんからの お届けモノ 
  -北原慎二さん:作 エコバック-

IMG_9723_convert_20090710084146.jpg
photo: しんちゃん(北原慎二:作)のエコバック

これは、私が しんちゃんにお願いして作ってもらった、エコバックです。
  「いつでもいいです! インスピレーションで描いてください!」
  そうお願いしたのは、六ヶ所村ラプソディー上映会のお手伝いをしていた日 (6月6日)
  7月7日:七夕の日、私とこに やっとこさ 届きました。
  お星様からの、プレゼントだ!

◆しんちゃんのエコバック
風天百姓 こと 北原慎二さん(山口市在住) の表現する世界を
「楽しいなぁ・・・素敵だなぁ・・・・」 と思っていたのは、今から数年前のコトでした。

  全くご本人にもお会いしトコとはなく、時々山口で行われた展示会にも
  いけない日が 続く (気がつかない私)

そんな昨年の、冬至:キャンドルナイトの日、偶然にも山口市のはりはり邸で
ご本人と初めて出会いました。

IMG_9727_convert_20090710084925.jpg
photo: エコバックと 一緒に入っていたはがき

  そこで買った、エコバックが 私の大のお気に入り~♪
  いつも、カバンにひそませ、せっせとコープで買い物をしています。

  実は、このバックのおかげで、
  なにげに コープのおばちゃんに お客様として覚えていただいているようです。

たまにこのエコバックでは、小さくて入らないことアリ。
ちょっと大き目のバックを、偶然の出会いに お願いしました。
      (しんちゃんのパワフルで、かわいい絵が好きです!)

◆2つ目のエコバック

IMG_9718_convert_20090710085117.jpgIMG_9717_convert_20090710085309.jpg
photo: しんちゃんのエコバック  表・裏

今回届いたのは、田植えバージョンの作品でした。
  「田植えで忙しかったです。遅くなってすみません・・・・・。」
  そんなメッセージと一緒に、手もとに届いたエコバック。
  私にとって、うれしくてしかたのない エコバックでした!

  しんちゃんと、太陽。お嫁さんと ワンちゃん??
 
今年、私も実家の田んぼを手伝いはじめたばかり。
ようやく、田植えからの1ヶ月の忙しさや やってもぬききれない草取りのはがゆさを
経験したのでした。

  太陽の恵みあり! その中で体が動くことが幸せで、
  家族と一緒に、田んぼにいることを、ありがたいと感じる。
 
  そんな思いを、田んぼのなかでしんちゃんもしていたのかなぁ・・・と
  勝手に想像すると、うれしくて たまらないのでした。
  ありがとうございます。

        RIMG0008_convert_20090710090117.jpg photo: 愛情いっぱいのどらやき 


この日、偶然にも しんちゃんのお嫁さんがつくった ドラ焼きを ↑↑↑
知り合いに わけていただきました。 ・・・・・「満」 (餡と梅ジャム入り♪)
   もちもちして、とってもおいしかったです。 これまた、感謝です!
 
私のエコバック、お披露目でした~♪ 楽しくなるエコバックを もって歩こう!

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



小さなギャラリー | 06:54:35
マックさん家で 『らっきょう』 こしらえる~♪ -山口市仁保-
マックさん家で 『らっきょう』 こしらえる~♪ 
  -山口市仁保 ①-

IMG_8635_convert_20090709060012.jpg
                     IMG_8538_convert_20090709060345.jpg
                   photo: 笑う木小屋(山口市仁保) & マック池田さん

6月25日(金)、山口市仁保にある 『笑う木小屋』 にて、
シャリシャリ感が長持ちするという、らっきょう作りを体験しました。
 (すろーふーどライフ和 :主催)

 ※ 笑う木小屋とは・・・・
     フィージーやパプアニューギニアなどの南太平洋の島々で
     約30年間過ごしてきたマック池田さんが、地元山口に帰郷して、
     手づくりで建てた、木小屋です。
     自然の中での遊び、石がまをつかったパンやピザ作りなど
     のんびりとした山の木漏れ日を浴びながら、普段出来ない体験を することが出来ます。
 
   ☆☆☆ 木小屋のいろんなところに、笑顔マークが隠れています。 

    
● 『笑う木小屋』 と おばぁちゃん

IMG_8489_convert_20090709055657.jpg
 photo: マックさん家のおばぁちゃん、らっきょうのお仕事中

仁保の道の駅のある通りから、15分くらい車を奥へと走らせる。
小高い山の中腹に、笑う木小屋・マックさん家がありました。

到着して、まっさきに目にとまったのは、おばぁちゃんの作業姿。
  ちょっと猫背・・・軒下で、らっきょうの 芽・根取りをされている。
  95歳のおばぁちゃんが 包丁もってしごをするその手は、なんともいえない雰囲気。
  静かな時間が、ここに流れていました。

奥へと入る・・・・。
 『笑う木小屋』 マックさんのアイデアで、いろんな笑顔がそこにありました~♪

●らっきょうつくる。
私にとって、今年2回目のらきょうづくりです。 (一度目は、実家の母に 教えてもらう)

今日は、地元・マックさん家(山口産)の取れたてのらっきょうを わけていただき、
みんなで ワイワイつくります。 「地産地消だ~!」

  教えていただく講師は、マック池田さん(笑う木小屋)。
  小さい頃から おかぁさんがつくるらっきょうを食べて育ったという、大のらっきょう好きです。
  そのおかぁさんの味を、主婦7人が 教えていただきました。

●みんなで、芽と根を切る。

IMG_8580_convert_20090709062456.jpgIMG_8608_convert_20090709061003.jpg
photo: らっきょうの芽・根をとる & 作業の終わったらっきょう

一人当たり、2キロ~2.5キロのらっきょうをつける。
手分けして、流れ作業をしました。

  泥がついたままのらっきょうの、芽と根 を切っていきます。
  生命力の強いらっきょうは、芽をしっかり切っておかないと、成長するそうです。

  包丁で切ったり、はさみで切ったり、
  そのうちに、涙がポロポロと出始め、「たまねぎ」切ってる状態になりました。
  手仕事だからこそ、感じるつらさでした。(涙)

●らっきょう、洗う!

IMG_8626_convert_20090704031749.jpgIMG_8637_convert_20090709061733.jpg
photo: らっきょうと 皮が 水と一緒にでてきます♪

泥つきのらっきょうを、大きなバケツに入れて、
手をもみ合わせるようにして、洗います。
  それを何度か繰り返すことで、皮が自然と剥けていき、↑↑ 白くなっていきます。

  ほんと、水を流すたんびに白さがまして、
  真珠のような、きれいならっきょうが 姿をあらわしてきました。

●丁寧に薄皮をとる
この後もう一仕事。 丁寧に薄皮を取っていきます。

  初めての薄皮とり。 とったつもりが、「あれれ・・・・?これまだむけるよ~!」
  と、マックさんの奥様にアドバイスをいただいて、
  みんなで、ピカピカになるまで きれいに仕上げました ♪
  本当に きれいでした。

  しばし、らっきょうに 塩ふって、自然に乾燥するのを待ちました。

                  IMG_8694_convert_20090709062103.jpg
                  photo: 薄皮もとって、ピカピカになったらっきょう

つづく・・・・。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



スロー・アート・ツーリズム | 05:37:48
『まちなかアート3丁目』 小さな写真展・終了!
『 まちなかアート3丁目 』  小さな写真展・終了!

IMG_6271_convert_20090708083150.jpg
 photo: 『百姓庵』 長門市油谷の枇杷

7月7日、七夕、
市民活動支援センター 「さぽらんて」 にて、開催していた
 『まちなかアート3丁目』 ミニ写真展 を、無事に終了しました。
多くの方に、見ていただき 関心をもっていただいたようで  ( ←さぽらんてスタッフのお話)
ありがとうございました。

  今回展示するきっかけは、6月21日に開催された 『環境サロン なないろ』。
        (環境サロンの様子は、↑をクリック)
  そもそものきっかけは、アートイベントで知り合った農家の山本さん。
  山本さんを通じて 農業の現実を知り、またそれは、ここ2年間で 食・環境のことへと
  私の 視点は、ひろがっていきました。

                      IMG_6238_convert_20090708083714.jpg
                    photo: 百姓庵のロフトで、ぐるぐる巻きになって寝るわが子

最近は、 「すろーふーどらいふ山口ネット・和」 さんの活動や、
「食・農・環境ネットワーク・なないろわたげ」 さんの活動へ参加し、
自然を体で感じながら、愛情いっぱいこめられた つくるのモノとの
出会いをいただいています。

  そこで出会う光景や、人は、みんなキラキラ輝いていました。
    (その出会いや様子を カメラでパシャパシャ中~♪)

  そんな出会いがあるのも、大きな意味で地球の環境を考え
  「本気で何かをやろう!」 という、人のあついオモイと行動力があるからです。

最近、やっとライフスタイルを見直し始めた私です。
これからも、これらの出会いを大切にし、
カメラを通して、活動されている方たちの光を 感じ、
その様子を ブログや展示を通して ご紹介できたらいいなぁ・・・と思います。

撮影協力をいただいた皆さん、ありがとうございました。

 ☆ 山口ケーブルTV:「でちょる・やっちょる・みんなのテレビ」
   6月29日~7月5日放送分 『百姓庵』 の紹介映像にて、
   写真をコラボさせていただきました。


※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



小さなギャラリー | 06:34:05
わぁ・・草が生えてる!? -わたしん家の田んぼ ⑤-
わぁ・・草が生えてる!?  -わたしん家の田んぼ ⑤-

IMG_8915_convert_20090707003506.jpg
photo: 実家の田んぼ / 縦の隙間に稗発見(涙)

6月27日(土)、除草剤をまいた後の田んぼを見に行きました。
前回除草剤をまいたのは、6月20日。
稲まで枯れてはいないか、と やや心配していました。

ちょうど1週間目の今日、稲は すこし大きくなって元気です!
でも、草が・・・・?????

  「草、生えてる?」
  「道からは、見えんよ」
  電話で親と会話した後、やっぱり自分の目で、確かめたいと思う。

あんのじょう~、草発見!
よくわからんけど、水の中にひげみたいな小さな草と、稗らしき苗!!
ぐるりと田んぼをまわると、苗と苗の間の縦筋にツンツク生えている植物アリ!!

●田んぼへ入る
さっそく、田んぼへ入りました。
最初は、本当に ‘稗’なのかと戸惑いながら抜く・・・。

  抜いた感触が違う。
  ‘稲’ を抜こうならば、根がしっかりはっていて、簡単には抜けない。
‘稗’ は、意外と簡単に抜けました。  (根っこのところに、小さな種を見る)
  「水に浮かせてしまえばよい・・・」 そんな話を思い出し、
  泥をかいでは、根っこを浮かすことを繰り返しました。

  おたまじゃくしが、よけていく。

IMG_7639_convert_20090707004744.jpg
photo: 田んぼに、カブトエビがいました (この画像は、徳地の田んぼ)

●草抜きの苦労が身にしみて分かる。
なんと、草の多いこと!!  除草剤は、なんだったのだろうか?
昼から田んぼにやってきて、結局日暮れまで田んぼにいるしまつ・・・
マジで、疲れました。

「田植えが終わって1週間が雑草との戦いだ!」 と、以前農家の人に聞きました。
田植え後、3日目から田んぼに入っても、稲の根は全く大丈夫だと聞き驚き!
生命力の強さを知りました。

雑草はしつこい! 抜いても、土の中から芽を出します。
この草抜きを、毎年のようにやっている農家の方たちの苦労が、やっとわかりました。
無農薬で稲を栽培する方たちは、どうしているのだろうか???
大変だぁ・・・。

------------

さて、この日、全部の草は 抜ききれませんでした。
   小さなひげみたいな草は手付かず。(涙)

「もう一度除草剤をまく手もあるよ。」
そんなことを、山本さん(仁保)に言われた事を思い出しました、が・・・
「これ以上薬をまくのは田んぼにとって、どうなのだろうか???」 と思い、
何度か草を抜きに来よう~と、思うのでした。
   (水に流れた除草剤は、どうなっていくのだろう・・・?
    田んぼに入るのは、7月までだぞうです。それ以降に入ると、根を痛めるらしい。。。)

IMG_7507_convert_20090707005826.jpg
photo: 背負い虫(雄が卵を背負っている)

●小さい頃の私を良く知ってる、おっちゃんとの会話
夕方、近くのおじちゃんに、
  「おっ、またきちょるの~。この草は、稗。これも良くない草(コナギ)だから抜かんと・・・」
  と、初めてしゃがみこんで 話をしました。
 
  「なんで、田んぼをするんか?
  年をとったら、田んぼがやりとうなるんかの~???」


たまたま、ご近所の息子さんも田んぼをやりだしたとか。
そこに女の私が、田んぼのことするもんだから、先週から気になっていたらしい。

最初は声すらもかけず、遠目にみていた近所のおっちゃんが、
声かけてくれたのが、なんともうれしかった。
  「こうやって草抜いたら、米もうまいぞ。達成感があるから、かんばらにゃぁ~の」

まだまだ、草取りはつづく。 生き物がすんでるって、ありがたい!
 (7月に入り、体調を崩したもんで、週末田んぼへ行くことができませんでした。
  草が心配だ・・・。)


※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



わたしん家の田んぼ | 05:05:45
かわいい小物が いっぱい! -tennen No.76-
かわいい小物が いっぱい!  -tennen No.76-

IMG_9629_convert_20090705225821.jpg
photo: tennen 

7月5日(日) 夕方、tennenさんへお久しぶりに出かけました~♪
  お店の中では、ちょっとした レイアウト変更がされていて、
  さわやかな目線で、出来たばかりの作品を見ました!

●ちびTクッション

                     IMG_9645_convert_20090705230352.jpg
IMG_9647_convert_20090705230656.jpg
photo: ちびTクッション

negiちゃん、うれしそうに紹介してくれたのが、こちらのクッション!
  「もう買うことがないよ~」
そんな、小さな子ども服 (90cm)を使ったクッションが、楽しそうに並んでました。

  シャツの模様を選ぶのが、とっても楽しかったというnegiちゃんです。

●ビー玉ストラップ

IMG_9631_convert_20090705225946.jpg

「涼しそう~♪」
  ポツンとガラス玉に入った気泡がポイント。
  ざぶ~んとよせてくる 海の波の音をイメージした私です。
  この小さなガラス玉に、みんなは何を見つけるのかな?

●がま口3兄弟♪
なんとかわいい、がま口でしょう ↓↓↓
3つ並んで、ワン・ツー・スリー。
  あまりにもかわいいので、私ひとつ買って帰りました。
   (小銭をいれるか、印鑑をいれるか・・・)
  ずいぶん前にかった、ヘンプボール(小銭入れ)は、私の大のお気に入りです♪

IMG_9659_convert_20090705230837.jpg
photo: がま口3兄弟~♪

  他にも新作小物が、出来てますよ。
  最近のおかしな天気に負けないnegiちゃん。
  アイデア満載、かわいくて・楽しめる作品ならんでいます 
        ☆ ☆ ☆ ☆☆~~ (もうすぐ七夕・・・)

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



negiちゃん家 -tennen- | 05:44:57
梅・酵素ジュース つくりましょ!
梅・酵素ジュース 

IMG_9600_convert_20090705113031.jpgIMG_9609_convert_20090705113242.jpg
photo: 吉松さん家(徳佐)の梅  下:砂糖につけた梅 

今年は、ありがたいことに たくさんの梅をいただきました。

  「もう、ないだろう・・・・」 そう思っていたところ
  昨日、徳佐町の田んぼを訪ね、
  そこでお世話をしてくださった 吉松さん家の 梅をいただきました。

これもなにかのご縁。
今話題の、「酵素ジュース」 をつくることにしました♪

 酵素とは・・・私たちの体のなかにもある、触媒です。生物には、必ず酵素をもっています。

         たとえは、食物をだべると、それを消化するための消化酵素が働き
         食物を分解し、栄養分吸収しやすくします。
         他にも、体の中にはたくさんの酵素が働いていて、
         酵素の働きが悪くなる・少なくなると、病気になりやすくなる・・・といいます。

●つくってみよう! 梅・酵素ジュース
最近疲れのとれない私は、梅を使って 酵素ジュースをつくってみることにしました。

<準備するもの>
 ・梅 (熟しているもの)
 ・砂糖 (梅に対して1.1倍の分量・白砂糖・きびとう糖でもよい)
 ・手が入る大きさのビン

<作り方>
①梅を洗って、ザク切りにする。
②切った果肉+種を、砂糖と交互にビンへ入れる。
    (すきまなく、砂糖をしきつめる)
③1日一回、右回り方向へ、素手でかき混ぜる。 (手についてる雑菌にも効果があるそうです!)
④続けて、1週間混ぜるを繰りかえす。
⑤その後、梅の果肉等は取り除き、薄めて飲む。
      (果肉等は、ジャムにするといいですよ)

  と、いうことで明日から毎日、かき混ぜてみます。
  どうなるかな? お楽しみに♪

                    IMG_9597_convert_20090705113433.jpg
                    photo: 吉松さん家の梅

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



スロー・レシピ | 11:23:25
マックさん家の 「らっきょう」  -山口市仁保-
マックさん家の 「らっきょう」  -山口市仁保-

IMG_8524_convert_20090704031611.jpgIMG_8468_convert_20090704031349.jpg
photo: マックさん家のらっきょう

これは、笑う木小屋・マック池田さん家(山口市仁保)の 「らっきょう」 です。

  らっきょうってね、泥だらけだったのが、洗ってこすって皮むいて・・・
  そったら、真珠のようならっきょうへとかわるんです。

この日、マックさんに おいしいらっきょう漬けの作り方を教えていただきました。
そんな キュッキュッ!! とした時間のお話は、また後日。

IMG_8626_convert_20090704031749.jpgIMG_8763_convert_20090704033239.jpg
photo: 6月・マックさん家のらっきょうづくり より

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アグリ・アート | 03:24:40
じゃがいもを作ろう! 収穫! -山口市徳地 じゃがいも畑のオーナー ③-
じゃがいもを作ろう! 収穫! 
 -山口市徳地 じゃがいも畑のオーナー③-

IMG_8038_convert_20090703065730.jpgIMG_7652_convert_20090703065336.jpg
photo: 徳地づくり達人塾 じゃがいも畑入口

6月20日(土)、
山口市 「徳地づくり達人塾」 主催の オーナー制のじゃがいもづくり、第3回目に参加しました。
  (第1回目/3月20日の様子はこちらをクリック)
  (第2回目/5月3日の様子はこちらをクリック)

 場所は、徳地小古祖(重源の郷入口辺り)。古民家のすぐ側にある畑です。
 オーナー制のじゃがいもづくりとは、一家族畑を2畝借り、
 植え付けから収穫まで、みんなでワイワイ交流しながら、じゃがいもを育てようというものです。

 いよいよ この日は、活動の最終日!!
 みんなでワイワイ泥まみれになりながら、収穫を楽しみ・祝いました♪

◆収穫です!
暑い暑い!
なんと 梅雨にもかかわらず 真夏のような晴れの日、
4月に植えたじゃがいもの収穫をしました!

IMG_7701_convert_20090703065926.jpgIMG_7704_convert_20090703070108.jpg
photo: じゃがいも作り・達人の お手本♪

最初に、徳地つくり達人塾のおじさんから、
 「こうやって、じゃかいもを掘るよ~。」 と上手な掘り方の説明があり、
 それぞれの 畑を いっきに掘り返していきます♪

 「ここ掘れ ワンワン!!」
 家族単位で 自分とこの畑を掘りかえす。

大きくなったじゃがいもの茎の根元に 鍬を打つ。
ひょい! とひっぱれば、じゃがいもが ゴロっ とついてきます。
   「わぁ、大きい!」
   「これ見て、小さい赤ちゃんよ~~♪♪」
   「あんたんとこ、でっかいじゃがいもじゃねぇ~ 」

隣の畑を気にしつつ、どんどん・ゴロゴロ じゃがいもが土の上へと姿をあらわしました!!

   「でっかい、ミミズがおった~♪」
   ここで 土を掘り返すときは、毎回のように出会う でっかいミミズ君。

   「こんなミミズ君が土の中におったから、おいしいじゃがいもが出来るんよ。」

IMG_7751_convert_20090703080531.jpgIMG_7743_convert_20090703080841.jpg
photo: それぞれの畑で 収穫タイム♪

それぞれの畑には、 じゃがいもいっぱい!
 でもやっぱり、収穫には差があり、おおよそ1箱半~2箱くらいのじゃがいもが
 みんなの畑で採れました♪
   
  「あんたんとこ、肥料のまき方が、じょうずじゃったんやろね」
  「最初の種芋にも あたりはずれがあったんかもの~?」
  「畑の場所も、くじじゃったから・・・・」

4月、じゃがいもを植えたときのことを思い出しながら、
ちょっとした、喜びと 反省の声があがっていました。

◆いつもの交流会タイム!

IMG_7882_convert_20090703080309.jpgIMG_7914_convert_20090703081023.jpg
photo: 縁側で交流タイム & 徳地づくり達人塾・オリジナル昼ごはん♪

3回目ともなると、達人塾のおじさんや みんなの顔も覚えてきて、
今日、みんなで食べるご飯は、うまかった!
はじめて来た日より、ギュッとみんなで寄り添って ご飯食べました。

  力仕事をして、汗かいた後のご飯は おいしいのです!
  古民家の縁側で 風を感じながら ワイワイといただきました。
    (今日も、イノシシの肉入りです!)

◆最後に、記念撮影!
最後に、みんなで記念写真を撮りました。
これで、オーナー制のじゃがいも作りは終わりです。

じゃがいもの収穫まで 3回の活動がありました。
正直言って徳地って、同じ山口市内に住んでいながら、遠い存在でした。
でも、じゃがいもづくりを通して、ずいぶん徳地に愛着がわいてきました。

  きっとじゃがいもをつくるだけじゃなくて、徳地づくり達人塾の方たちが
  釜を用意して、米もってきて、たけのこを掘って。。。。
  徳地・オリジナル(おじさんたちが作った野菜や米)バージョンの
  お昼ごはんを 用意してくださったから、 ワイワイ楽しかった♪

IMG_7834_convert_20090703081820.jpg
photo: じゃがいも、ワッショイ・ワッショイ~♪

子どもを相手するおじさんたちは、皆 自分とこの孫を見るような目線です。
よそん家も うちんとこも皆一緒!
   田んぼで悪さをしよったら 「そりゃいけんで~」 と怒られる。
   上手に出来たら、ぶち褒める!!

そんな田舎ならではの、皆さんの関わりが なによりもあたたかくてうれしかったです!!

◆次の準備が・・・

IMG_8885_convert_20090703082347.jpg
photo: 畑はきれいになって、新しい芽が出ていました。

じゃいもの収穫の後、おじさんたちが5月に植えたトマトが
赤くなっているかな???と、畑を訪ねました。

すっかり畑はきれいに耕され、なんだか小さな芽が出てきました。
 「次は、大豆の収穫じゃからの。 また、来んさい!」
 別れの時の、そんな言葉を思い出しました。

たのもしい 『徳地づくり達人塾』 の皆さんと一緒に
この畑で、ワイワイしたいなぁ・・・・。
じゃがいもづくり、ありがとうございました!! 祝、収穫! 

                IMG_7852_convert_20090703081440.jpg
                photo:わたしん家のじゃがいも

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



アグリ・アート・ツーリズム | 06:13:34
トマト・ピーマン 出来ました~♪  -わたしん家の畑 ⑦-
トマト・ピーマン 出来ました~♪  -わたしん家の畑 ⑦-

IMG_9115_convert_20090702065830.jpgIMG_9110_convert_20090702070012.jpg
photo: わたしん家のピーマン トマト & なめくじくん発見!(画像を見るまで気がつかなかった・・♪)

3月の終わり、庭に小石だらけの小さな畑をつくり、
足らない分は、野菜プランターを買って トマト・ピーマンを育ててみました。

  ややトマトは小さい?
  よその地植えのトマトをみると、あせりを感じますが・・・・
  初収穫です!

  激しい雨にぬれてはと、ちょっぴり青いままの収穫トマト。
  時間がたつと、赤色に変わっていました。
  こうやて、もがれたあとも ゆっくり熟成するのだなぁ~と思いました。

ピーマン。
最初はしし唐のように、細くて 小さくて・・・。
気がつくと、お店で売ってるくらいのピーマンになってました!
ちょっと、感動です。

小さな畑の 小さな野菜たちの生命力に万歳!

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



わたしん家の畑 | 06:56:20
父の日のプレゼント 
父の日のプレゼント 

IMG_7438_convert_20090630044722.jpgIMG_7470_convert_20090630045047.jpg
photo: プレゼント

6月のある日、小さな箱ふたつ、テーブルの上にありました。

  「かぁさんのは、こっち!」
   ・・・・さっさと、箱を開いてしまい にんまりなわが子。
  「いっただっきま~す!!」 
   なぜか、かぁさんのプレゼントはすぐになくなりました。

父さんのプレゼントは、箱もしっかりつくってあり、なんとなく 包み方も上手です。
  リボン・・・・ついこの間まで 「靴紐結べな~い!!」
  なんて言っていたのは、いつのコトやら・・・・。

うん、クッキーうま~い♪
みんなで ワイワイいいながら つくったんだね。
  ちょっと前の悔し涙が、笑顔にかわって うれしいな。
  ありがとう♪

IMG_7481_convert_20090630045550.jpg photo: お父さんのクッキー

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



まちなかアート1丁目 | 01:03:37

FC2Ad