■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
negiちゃん家 つくるのお話 No.4
negiちゃん家 つくるのお話

これは、10年前に小さな雑貨屋さんで出会ったnegiちゃんと、ある職人さんの「ものづくり」のお話です。

トンカン、トンカン
negiちゃん家のつくるの風景は、どんどん変わっていくよ。
早いよ、早い。

houe2.jpg

職人さんは、毎日車にのって1時間半かけて通ってきます。
何を考えながら、やってくるのかな?

syokuninn.jpg
negiちゃん家のつくるは、negiちゃんの夢のお家なんだけど、
職人さんの作品なのです。
「職人さんの作りたいようにつくるをすすめて・・・!」
negiちゃんは、そう言ったんだって。
だって、職人さんの小さな作品から
ものづくりのやさしいこころが見えてくるもん。
職人は、作品を創りに来るのです。

art4.jpg
職人さんがつくるにもってきた

職人さんの設計図は、つくるがすすむと
どんどんカタチが変わっていく。
そして、つくるをみながら
negiちゃんはうれしくて、
negiちゃんの作品もできていく。

kinoko.jpg
 negiちゃんのつくる

ある日、職人さんに会いました。
初めましては、屋根のうえから「こんにちは」
逆光でよく見えなかったけれど、
もの静かで優しそうな人。
でも、やっぱり職人っぽい鋭さを感じたよ。

職人さんは、アーチスト?
いえいえ、普通に家を作る人です。

オブジェの楽しいものづくりは、4年前くらいからはじめたんだって。
それはね、ある彫刻家さんがつくるの楽しさを教えてくれたんだって。
うれしそ~うに、ボソボソと教えてくれました・・・。

art1.jpg
 彫刻家さんのあと

職人さんは、やさしく笑う。そして、トンカントンカンがまたはじまった。

つづく。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。

negiちゃん家 -tennen- | 20:30:26

FC2Ad