■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
野焼き体験・古代人に挑戦 作品展 -小さなギャラリー-
野焼き体験・古代人に挑戦・作品展 
心をかたちに~子どもたちの粘土の未来~

現在、山口県庁1階ロビーで開催中(19日まで)の、小さな作品展と出会いました。
ここには 「覆い焼き」 と呼ばれる野焼きの技法を使い、
県内の総合支援学校7校の皆さんによって作られた陶芸作品が主に展示されています。

なんとも発想が豊かで、作品の一つ一つをジックリ見ると、
作った人の手・指の動きが 見えてきます。
その動きから見えてくるものは、楽しい・粘土の感触ここちよい・・・?
とにかく、器のカタチ全体に動きがあるのです!
色だって 土のにおいを感じます。

覆い焼きの様子が、パネル展示してあります。
木を組み、その上に作った土器をのせる。
土器をわらで覆って土で固め、火を入れて焼く・・・・。
三角形の土の山から、白い煙が出て作品が焼きやがっていく。
その様子は、とても神秘的に見えました。

2003年、山口県立美術館にて大きな土の塊と たくさんの作品を見た記憶があります。
事業の歴史をたどってみると、そのときの展示のことが書いてあり驚きました。
勢いがあって、夢があって、楽し~い作品作りがこうやって続いているって
スゴイことであり、ちょっぴりうらやましくもありました。
こんな作品作りが、自分たちの子供も一緒なって出来たら
もっともっと交流が生まれ、楽しいだろうなぁ~て思いました。
‘ものづくり’ なら、それが出来る。

作品たちは、低い位置に展示されています。
ぜひ、しゃがんで近寄ってご覧ください!
(私のお気に入りは、牛さん。とっても愉快な表情です)

<おススメの作品展>

『野焼き体験・古代人に挑戦』 
心をかたちに~子どもたちの粘土の未来~



会期: 平成20年9月8日(月)~9月19日(金) 土日祭は休館
会場: 山口県庁1階ロビー
入場: 無料
主催: 特定非営利活動法人 子どもとともに山口県の文化を育てる会
     心をかたちに~子どもたちの粘土の未来~実行委員会

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



小さなギャラリー | 06:57:06

FC2Ad