■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
狛犬
狛犬  -No.2-

RIMG0024_convert_20081209023900.jpg

狛犬のことを書くといいながら、ずいぶん時間が過ぎました。
そう、狛犬。
私にとって、とっても身近な芸術だぁ~そう思う今日この頃です。

○狛犬は、阿・吽!
皆さんは、『狛犬』 どこにいったら会えるかご存知ですか?
そう、神社です。 初詣に行ったりするとき、見ますよね!
鳥居をくぐって歩いて行くと、左右にわかれてちょこんと座り こちらをジッと見ている。
よく見てみると、右側の狛犬は口を阿(ア)と開き、左側は吽(ウン)と口を閉じている。

「そんなこと知ってるよ~」 じゃぁ、どうして阿・吽なんでしょうか??
実は、仁王像が作られ始める頃に、狛犬の口元が阿吽になったそうです。
だから、阿吽の狛犬は日本の文化なのです。

「ア~」 って、言ってみて! 息を吐いています。
「ウン」 は?? 息をのんでいます。
「オギャーア」 と赤ちゃんが生まれ、「ウン」と口を閉じ死を迎える。
ある人の説によると、阿吽は、1つの大きな宇宙を表すそうです。
そこには、始まりと終わりがある。
その相反するものを二つ並べることで、そこに強いパワーが生まれる。
そのパワーをもって、神殿を守っている。それが狛犬なんだそうです。

なるほどんね~、それでこっちを見ているんだ・・・。
(ちなみに、鳥居は神域との境界をあらわしているそうです。)

皆さんも近くの神社へ、お参りしてみてください。
そして、今度は別の神社へ。 なぜかって??
阿吽なんだけど、姿の違う狛犬に出会うことができます。
それは、人が手仕事で彫っているのですから・・・ね。
時代によっても、その姿は違うそうで、狛犬を調べていくと結構奥が深い。
仏像もいいけど、ごくごく身近な存在の狛犬も見てほしいなぁ~って思います。

つづく・・・。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※上の記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真がいいね~!』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。




雑学 | 02:53:43

FC2Ad