■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
クリスマスの約束 2008 -小田和正-
『クリスマスの約束 2008』  -小田和正-

RIMG0022_convert_20081226072140.jpg

お友達からのクリスマスメールで、久しぶりにTVを見ました。
『クリスマスの約束2008』 歌手:小田和正さんが贈る年末恒例のクリスマスライブだそうで・・・
小田和正ファンの私にとって、思わぬクリスマスプレゼントでした。

小田和正さんの歌をよく聴いていたのは、中学生の頃。 もちろん、オフコースの時代です。
ラジオの深夜番組に投稿しては、自分の文・詩をラジオの前で聴き、
ラジオの中で、リスナーの人と対話をしていたことを思い出しました。
リクエストは、オフコース。もう、何年も昔の話。
その頃のオフコースの歌は、曲のほうが何となく好きで
サビの部分に酔いしれて、何度も繰り返し聴いては口ずさんでいました。

クリスマスの夜、あらためて小田和正さんの歌を聴く。
驚いたのは、ずいぶんしわが増えた小田さんの姿と 衰えぬ透きとおる声。
(この人は、どれだけの努力をしてきたんだろう・・・・。)
その姿を見ながら、自分自身が老いている時間を感じ、子供達の未来のことを考えました。

時に、小田さんが話す日本社会の現状・・・
そんな先のことをよんでいたかのように、1970年代の歌がこころにすとんと入ってくる。
『生まれてくる子供達のために』
中学生の頃、わけもわからず聴いていた歌。
今は、涙が出てとまらない。月日は繰り返され、みんな少しずつ大人になっていく。

子供の寝顔を見ながら、小田和正さんの歌を聴いた夜・・・。
なんともうれしい、友達からのクリスマスプレゼントでした。
来年もこんな風に、小田さんの歌を聴きたい。そんな、素敵な夜を迎えることが出来ますように!
平和な社会でありますように!

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※上の記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真がいいね~!』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。




わたしん家 | 05:18:04

FC2Ad