■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『 やっとこ家 』  -天然物・たい焼-
 『 やっとこ家 』   -天然物・たい焼-

IMG_6160_convert_20090604063058.jpg
photo: やっとこ家 天然物たい焼

2009年5月3日まで山口市のギャラリーで開催されていた、
宮嶋康彦 「たい焼の魚拓展」 を見てから、
久しぶりに 天然物のたい焼に会いたくて、周南市にある『やっとこ家』 さんを訪ねました。

 私がやっとこ家さんの江戸前たい焼に初めて出会ったのが 約9ヶ月前の9月のある日。
 その時は、ちょうどアイスモナカのみの販売時期で、
 再度10月車を走らせ、 やっとこやっとこたい焼を買いに行きました。
   初めていただく、しっぽいっぱいまでアンの入ったたい焼は、うまい・うまい♪

今年の4月の終わり・・・『やっとこ家』 さんのたい焼にひょんな場所で再開!
  「えっ??魚拓のたい焼!?」
なんとそれは天然物とよばれ、全国の天然物と一緒にギャラリーに展示されていました。
 ※ 天然物とは、やっとこ(鋳型)で一枚一枚たい焼を手仕事で焼いたたい焼。

IMG_6156_convert_20090604063157.jpgRIMG0108_convert_20090504235727.jpg
photo: やっとこ家 アイスモナカ & 魚拓

あれから約1ヶ月・・・・やっとこ家さんへ行く。
  「魚拓見ました!」
そう言って、たい焼とアイスモナカを注文。 ・・・カタカタ・カチャカチャ、いいにおい~♪

  小さなお店の片隅で 天然物を一枚一枚焼くご主人と
  それをサポートする奥様と お話しすることができました。

              IMG_6117_convert_20090604063407_convert_20090604064214.jpg photo: やっとこ家より 

●魚拓のこと知ってましたか?
「先日の宮嶋さんのトークでは、もう天然物のたい焼はないだろう・・・
 そう思っていたところに、周南市で天然物に出会えたことを、とても喜ばれていました。
 魚拓を採ってる人がいるってコト、ご存知だったんですか?」

   「たい焼の魚拓本を見て、知っていました。(宮嶋康彦さん:著)
    ここへもいつか着てくれたらいいなぁ・・・て思っていたら、来られたんです♪」

わぁ、さすがやっとこをつかって焼く やっとこ家さん。本を読まれていました!!

IMG_6136_convert_20090604063742_convert_20090604064244.jpg
photo: 天然物が生まれる瞬間↑↑ 真ん中!

そおして、カチャカチャいう音の中でお話をしていると、
  「うち用のたい焼の魚拓があるよ!」 って、
宮嶋康彦さんがやっとこ家さんへとプレゼントされた、オリジナルの魚拓を
奥のほうから、奥様がもってきてくれました。

  なんというありがたいめぐりあわせでしょう。
  展示は終わってしまい、もうあったかい色の魚拓には会えない・・・
  そう思っていたところ・・・またこうして魚拓に会うことができた!
 
  うっれしくて、カメラでパシャパシャ撮らせていただきました。

IMG_6143_convert_20090604064138.jpg
photo: やっとこ家さんへ、宮嶋さんからのプレゼント

いろいろ考えてこのお店を開かれたやっとこ家さん。
そのことが、ここに書かれている文字に さらっと表現されていました。

●あっぱれ、職人芸!
注文するとこからは、焼いているご主人の姿は見えません。
のれんをくぐって、カウンターからちょっと見せていただく。

  話しながらも、リズムもって カタカタ焼いている姿は、まさに職人芸!
  愛情がいっぱいこもっていて、やっとこをくるくるまわす大きな手。
  その側で、出来上がったたい焼のふちの部分を
  やさしく切り取っている姿に つい目がいきました。

IMG_6121_convert_20090604065625.jpg photo: たい焼のふちをきれいにしてます。

 「たい焼を焼くのは、ご主人で、それを仕上げるのは奥さんの内助の功。
    たい焼家には、それぞれの人生があるんだよ・・・・それを魚拓で伝えたい。」
 そんなふうに話されていた宮嶋さんの言葉を思い出しました。

●やっぱりたい焼は、やっとこ家!
やっとこ家さんのたい焼は、パリッとしてうまい!!
こだわりがあるから、冷めても皮がパリパリしておいしいのです。

  数ヶ月前、おいしさに惹かれて やっとこ家さんに行っていました。
  『魚拓』 と出会ってからは、焼いているご夫婦に会いたくなりました。

  なくなりつつある 天然物のたい焼を、
  約1年前、ここ周南市でつくろうって思ってくださったことに 感謝です。
  いつまでもここで焼いてほしいなって、思いました。

周南市へ行かれたときは、ぜひ天然物のたい焼に会いに行ってください!
注文を受けてからおじさんが焼くたい焼。しばし、いいにおいと 「音」 をお楽しみください~♪♪

IMG_6154_convert_20090604064404.jpg photo: やっとこ家

【おススメのお店】
江戸前たい焼き 『やっとこ家』
・場所: 周南市2番町2-13 
・OPEN: 正午~午後5時
・定休日:  月・火
・tel: 0834-21-0969

(やっとこ家さんが、このブログを読んでいてくださったようで、ありがとうございます。)

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



まちカフェ・ショップ | 00:37:16

FC2Ad