■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
佐波山トンネル -防府市-
佐波山トンネル  -防府市-

IMG_9867_convert_20090724035119.jpg
photo: 太陽の光をいっぱいあびて・百姓庵の畑より

昨日、仕事の関係で、土石流関係の記事をたくさん目にしました。
そこで見た光景は、予想以上に悲惨な状況だった。

ある新聞のドキュメンタリーを読んで、ゾッとした。
私は土石流が起こる約50分くらい前に、佐波山トンネルを通過していたのだ。
  (2時間くらい前だと思っていた)

  防府から山口へ向かう・・・
  新幹線の下あたりを通ってからになるのだろうか・・・?
  左側に無人の花売り場があるあたりくらいからはすでに泥水状態。
  2車線のうち左側車線は一本の川のようになっていて、水がバンバン流れてくる。
  その左側の斜面にある家から人の姿が見えていた。
  それまで通ってきた川のような道とは、また違う恐ろしい異様な状況だった。

  それでも山口方面の登り道はまだましで、反対の下り車線は、
  一部のところに、土砂や大きな石・流木が流れ着いており2車線をふさぐような中
  車が蛇行しながら、走っていた気がする。
  それは、半端ではない茶色の濁流の中だった。

土石流がひどかったのは、このあたりのコトだったのだろうな・・・と
新聞をみながら思いおこす。

ただ目の前の光景が恐ろしくて、息子を助手席に乗せ 「一刻も早くここをとりぬけなければ・・・」
そんな気持ちでハンドルを握ってた。

道を守る人、誘導する人、助けを求める人
その姿を横目に見ながら、何もできず・・・・私は生かさせてもらった。
記事を読むたび 悲惨な光景が頭をかけめぐり、改めて心が痛みました。

  行方不明になられた方が、早くみつかることを祈ります。
  また、犠牲となられた方のご冥福をお祈りいたします。

  今も現場で命をかけてたたかっていらっしゃる皆様に、エールです!
  2次災害が起きませんように。。。

◆ハザードマップを広げて見よう!
山口でも災害は起こる。

  そういえば、何かと一緒にハザードマップが配布されていた事を思い出し、
  昨日夜は、子どもと一緒に、はじめてハザードマップを広げてみました。
  住んでいる地区にも、土石流危険区域というのがあり驚きました。

  実際に 恐ろしさを体験してみないと、わからないこともある。

皆さんも家庭に眠っているであろう、ハザードマップを今一度目を通してみませんか?
浸水地域のコトも、詳しくのっていました。
日ごろからの問題意識や ご近所さんとのお付き合いが大切だと感じました。

今起こっている事を、しっかりと記憶しておきたいと思う。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



わたしん家 | 04:01:54

FC2Ad