■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ハリマ風土記 「花」  針間文彦 絵画展2009  -山口市-
ハリマ風土記 「花」  針間文彦 絵画展
 -山口市:クリエイティブ・スペース赤れんが-


RIMG0237_convert_20090827064623.jpg photo: チラシより

絵画展の最終日、8月26日(水)、クリエイティブ・スペース赤れんがで開催中の
ハリマ風土記「花」 針間文彦絵画展へ行ってきました。

  実は、月曜日にも行ったのですが、休館日で・・・再チャレンジ!
  昼休み時間を利用して、自転車でこいで走る。
  作家の針間さんともお話ができ、有意義な 昼休み時間を過ごすことができました。

●私の針間さんのイメージ
私が知ってる針間さんの作品イメージは、いつか県美展でみた、
細かく防府市内を描きつめた風景画の人でした。

  でっかい画面に、細かく細かく、まるで写真を見るかのようにありのままの風景を
  描く画家さんで、年齢は60くらいの人?
  色は、どちらかというと暗いイメージの黒が好きで、しっかりと線を描く
  太くて強いイメージの人。

しかし、先日みた新聞で驚く。あれ?意外と若かったの?
昨日お会いした姿も、丸刈りのオーバーオールで、なんとも不意をつかれた瞬間でした。

そして、とってもやさしい人でした。

●素敵な目をもつ針間さん・・・

RIMG0233_convert_20090827065204.jpg
photo: チラシより

私が素敵だなと思ったのは、「百日草」 の作品です。 (チラシ:チューリップの隣)
夏の暑さにも強い花として、よくそこらへんの花壇に植えてあります。
そう、ごくごく当たり前のように。

  でも、針間さんが描いた百日草は、とってもキラキラしていて、
  別の花のように見えました。

  人が見過ごしてしまいそうな、普通の花を こんなに生命力あふれんばかりに
  描ける針間さんを やさしい人なんだ・・て思いました。

話を聞いていると・・・・、
昔はカメラで撮影したものを見ながら、作品作りをしていたそうです。
今は、現場にいって、花そのモノを見ながら描く。 

  「毎回通って描いていると、その木にしかないものが見えてくるんです・・・」

  入ってすぐに展示してあった四季を描いた向島小学校の寒桜は、
  実際に1週間に一度、桜の前へ行き、目の前にある桜を見ながら 作品作りをしたそうです。
  (1つが出来上がるのに、3ヶ月くらいかかる)

  なるほどね、それでなんとなく今まで見た他の人が描いた桜の木と違うんだ。
  キラキラと光をもつ樹の中に、桜の精がやどっているみたいでした。

日本人にとっては、ごくあたり前のように 春を知らせてくれる桜だけれど、
春が終わり、夏・秋・冬と・・・変わり続けている桜を どれくらいの人が見ているのだろう。

そんなじっと同じ場所に同じように、何年も咲きつづける桜を
なんだろなぁ・・・うまく表現できないけれど、
やさしく・力強く・でも繊細に描ける針間さんを、本当に優しい人なんだと思いました。

●感謝!
もうこの絵画展は終わってしまいましたが、
ちょっとした昼休みのひととき、私にとっては1年前にお世話になった人との出会いが
偶然にも会場であり、胸の中にひかかっていたモノがストンと落ちていくのでした。

  針間さんのやさしい気持ちが、きっと私を素直にしてくれたんだと思います。
  ありがとうございました。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



小さなギャラリー | 06:42:50

FC2Ad