■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
サイクリング -里山・ヒュッテ桂谷ランプの宿-
サイクリング   -里山・ヒュッテ桂谷ランプの宿-

RIMG0076_convert_20091012093347.jpg  photo:里山へ

10月10日。 子どもと二人、サイクリングへ出かけました。

目指すは、山口市小郡の山奥にある 「ヒュッテ桂谷ランプの宿」!
ここは里山交流の場として、多くの方が訪れている場所です。
車で登るのも、山道なので結構大変。道路は凸凹、道はクネクネ。
自宅から車で約30分の道を、1時間20分くらいで自転車と一緒に登ってきました!

  サイクリング。車からは見えないモノをたくさん見つけました。

●自転車の風景 (国道って、自転車には不便!)
実は、新しい自転車を買ったんです。この日に間に合うように!

そんなわけで、国道9号線を通って、目的地へと出発~~!
道は広いし、いつも車で走ってる道。快適にぐんぐん走るはずでした(苦笑)

  ん~それが、自転車にとっては、案外と国道9号線は不便な道でした。
  特に道が立体交差している下は最悪~~。
  車にとってはとてもスムーズなのですが、自転車は「ええ~!」 の大間違いです。
  上の道にいたはずなのに、急な坂道を下らされ、おまけに反対側車線にたどりつく。
  そして、アップダウンがきついこと。
  坂道と階段があって、階段を歩きながら自転車を押せといったって、勾配がきつすぎ!!
  お年寄りが通るときはどうなるの???!!!
  と、思わず激怒してしまいました。

       RIMG0073_convert_20091012095318.jpg
     photo: 高速道路インターの下にて
 
  見上げると、高速道路が美しく立体をつくっているのに、その下では・・・
  いったい行政のいう「安全」 って、何なんだろう?

●ヒュッテ桂谷
RIMG0075_convert_20091012093950.jpg
photo: ヒュッテへ行く途中

さて、山のふもとまで自転車こいで約50分。それから、坂道を約30分かけて歩きました。
  そこには里山ヒュッテあり。
  「お~やっとついた!」
  「もう自転車はいやだ~」 とブツブツ言っていた息子も自然の遊具で大はしゃぎでした!
  ここのコアラブランコが大好き!
  いくつになっても、ゆらゆらはブランコ楽しいです。 山の匂いがする・・・・。

RIMG0081_convert_20091012094824.jpgRIMG0091_convert_20091012095059.jpg
photo: ヒュッテ大自然の遊具 & コアラブランコ(ブランコから飛びうつる)

●ヒュッテ・災害のお話
今年7月、大きな土石流が起こり、多くの場所に災害の爪あとが残りました。
ここヒュッテでも、すぐ下にある川が氾濫し、濁流で3日も外に出れなかったそうです。
写真を見せていただいたのですが、それは恐ろしい水の群集でした・・・・。

  今は、何事もなかったようにきれいです。 (自然はこわい)

  おじさんがこの日つくっていた橋は、災害の後 里山を心配して駆けつけて来た
  ボランティアの人と一緒に、つくった橋(素材:徳地から運んできた栗の木)です。
  「何か、起こった!」
  そんな時に、すぐに駆けつけてきてくれる人がいる事を、うらやましく思いました。
  それだけ、ここ里山は、みんなに愛されている場所なのです。

RIMG0079_convert_20091012100232.jpg photo: 新しいヒュッテの橋

●山口秋吉台自転車道・快適~♪
帰り道、またまた楽しみながら下りました。
「坂道だから楽チンだ~」 なんて思っていた下り坂は結構危なくて、
途中、自転車をおして歩きました。

上り道では気づかなかったのですが、災害の爪あとをいくつも見つけました。

  そして、また国道へと戻る。
  国道を通らなくても、絶対自転車でも安全に走れる道があるはずだ~と思い、
  川の方へと走りました。
   やった~ありました、山口秋吉台自転車道!!
   なんと、自転車のために整備された道があったのです。
 
   帰り道はなんと快適!
   椹野川沿いを、川の音、木のざわめき、水鳥のさえずりを聞きながら
   だれにもじゃまされることなく、のんびりと自転車で走りました。
   「きっもちいい!!」 知らなかった!

          RIMG0097_convert_20091012095545.jpg
           photo: 山口秋吉台自転車道

往復約3時間、 ちょっとしたサイクリング・自転車の旅。
初めてのコトでしたが、いろんな発見があって楽しかったです。

  今いろんな場所で、道の工事が進んでいます。
  車にとっては快適で、時間も短縮され便利なのでしょうが、
  「本当にこれが便利なのだろうか? 環境にやさしいの?」
  大きな工事現場を目のあたりにして、そう思いました。

  山奥にある里山へ行くには、細くても安全に登っていける道が必要です。
  そんな私達にとって、本当に必要な道を つくってほしい。
  周囲の環境を崩さないで!!

車もいいけど、たまには自転車族して見ませんか?
きっと大切なモノと出会えるでしょう~。 深呼吸・楽しいですぞ~♪
 (いつか秋吉台まで、自転車で行ってみたいなぁ・・・笑)

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。



スロー・アート・ツーリズム | 05:21:02

FC2Ad