■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
『尾崎眞吾・中野寿子 イラスト2人展』  -山口市-
『尾崎眞吾・中野寿子 イラスト2人展』 

RIMG0021_convert_20100512111747.jpg photo: 案内ハガキより

2010年4月29日(木)~5月9日(日)まで、ギャラリーナカノにて開催されていた、
『尾崎眞吾・中野寿子 イラスト2人展』へ行ってきました。

  お二人は、県内で活躍するイラストレーターで、
  尾崎さんは、鉛筆画や来場者をモデルにしたオイルパステル画、
  中野さんは、身近な野菜や植物などを描いたアクリル画を主に展示されていました。
  中野さんの作品は、一瞬写真に見えるくらいに細かく描かれていました。

さて、私が行ったのは、最終日です。

  なんと驚いたコトに、尾崎眞吾さんが似顔絵をギャラリーにて描かれていました。
  描きためた作品だけではなく、会期中そこに来場された人を描き、
  その作品が壁をうめつくしていたのです!
  「1000人の似顔絵を描く」というテーマがあるんだそうですよ。すごい!

●描くところを見学させていただく・・・。

       RIMG0015_convert_20100512111405.jpg
       photo: 尾崎眞吾さん

最初のうちは、私も描いてほしいなぁ・・・そんな風に思いながら
描かれている尾崎さんの側へ近づいていきました。

  しかし、その尾崎さんの真剣な姿、描き方を見ているうちに、
  パッパと、目の前に座られているモデルさんの絵が出来上がっていくことに感動!!
  一人の方を、描きはじめるところから見学させていただきました。

今回描かれたのは、私から見てもステキな雰囲気をもつおば様。
尾崎さんとの対面は、初めての方だったかもしれません。
モデルとして座られた瞬間から、おば様のなんともいえないオーラを私も感じる。

     RIMG0006_convert_20100512113206.jpg photo: 似顔絵・制作中

さて、一枚の用紙を用意され、おもむろに描きはじめる。
描く材料は、子どもならだれもが持ってるクレヨンです。
このクレヨン・・・油彩絵の具と同じような性質をもっているそうです。

  はじまりは、肌色・・・顔の部分・そしてさっと髪の毛の一部分が浮かび上がる。
  それから、首の位置をきめ・・・鼻の部分を中心に描かれていきました。

      RIMG0009_convert_20100512113705.jpg photo: 似顔絵・制作中

  実は、おば様の前のモデルさんを描かれているときと描き方が違っていました。
  前は、顔の細かい部分を描かれるのが最後だったよなぁ・・・・。

  その人のもつ、一番印象的な部分から描かれているのだろうか・・・・? 顔。

  不思議と、いろんな色が画用紙にのってきます。
  髪の毛は黒や白とは限らないし、肌色だって肌色だけではない。
  その人のオーラに一番適する色が、尾崎さんの手から生まれてくるような感じでした。

  モデルさんとの距離は、50センチくらい。
  「照れるから、上向いといて・・・」なんてモデルさんに声かけながらも
  ちゃくちゃくと、絵が完成へと向かっていきました。

●描き方がおもしろい!
私自身が絵を描かないので、新鮮にうつるのかもしれませんが
なんとも見ていて、おもしろい!
だって、自分の目の前で 真っ白かった紙が、一つに作品になっていくのです。
しかも、モデルさんのオーラを的確に捉えている。
  その色は、どうやって選ばれているのだろうか・・・・????

         RIMG0018_convert_20100512111519.jpg photo: クレヨンたち

手もとをみていると、パッパパッパとクレヨンの色が決まります。
「手もとのクレヨンを探すほうが大変なんだよ・・・」
もう頭の中では、次の色ができているんですよね・・・・ほんとに、すごい。

         RIMG0014_convert_20100512114117.jpg photo: 完成作品

描くこと約40分くらい。一枚の作品が完成しました。

   完成までのプロセスを見せていただきました。とにかく感動~~♪
   あらためて、会期中に描かれたという作品を見てみると、どれもみんな色が違う。
   長年の経験と感なのでしょうか?
   ああ・これが人のもつ個性(人生)なのかなぁ~なんて思いつつ、見させていただきました。
   「私だったら、何色オーラだった??」

●中野さんの絵葉書
この後家へ帰り、母の日に何もしてなかったと思い出し
以前買った、中野寿子さんのバラの絵葉書にメッセージを書いておくりました。

   つい飾ってばかりで使わなかったハガキ。
   ステキな絵を知ってもらうためには、手紙として郵送することもひとつの手段なのだと
   今頃になって思いました。 母は、どんな風に受け取ったろう・・。

尾崎眞吾様、見させていただきありがとうございました。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※いつも読んでいただきありがとうございます♪
この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります(*^^*)V



アートを楽しもう! | 10:47:52

FC2Ad