■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「龍人伝説」への道 三輪休雪展
「龍人伝説」への道 三輪休雪展 

RIMG0181_convert_20101025114614.jpg
photo:チケット・チラシより

2010年10月24日(日)、昨日のコト、「龍人伝説」への道 三輪休雪展の最終日に行ってきました。

  十二代三輪休雪のエロス(愛)とタナトス(死)の世界感を知ったのは、
  今から5年前くらいの話です。
  山口県立美術館の常設展示を見たときのコト。
  いったい、この人は何者なのだろうか? と、本を借りて読んだほど
  萩焼・焼きモノに対する衝撃を受けた作品でした。

  そして今回もまた、頭をひっくり返されるような衝撃と
  その発想のユニークさに
  体のどこかから湧き出てくる何かを刺激されながら、作品を見て来ました!
  「龍人伝説」には、ものすごい迫力を感じました。

●見せ方も素敵!

今回の展示は、新しく完成した浦上記念館・陶芸館を記念するべき作品として
展示されていました。

  会場はとにかく広くてきれい。
  作品そのものにも、圧倒される勢いを感じる中に、
  見せ方がうまいなぁ~と、楽しみながら作品を見せていただきました。

  照明がステキ!
  作品の入っているガラスケースに、作品が映りこむのですが、
  これがうつくしい~。ふっと浮かびあがるように、作品を見せてくれる。
  角度によっては、正面に立ちながらも、裏側の様も見せている。
  ぐるりとケースを周ると、今度は表が見えてくる。
  並んでいる作品を横から見ると、そこにその映りこむ光も見え
  この世の世界ではないような、会場の雰囲気でした。

●十二代三輪休雪は、すごい人なんだ!!

わぁやっぱりこの人はすごい人なんだ~と感じたのは、
スロープを上りながら、上から作品を見たときでした。

  上から見ても、作品の形がとっても美しい。
  無駄がない。その中に、人・龍人としてのしぐさがちゃんとある。
  筋肉をたどってみると、本当に微妙な部分まで再現されていました。
  だからこそ、気持ち悪いほどに動きを感じることができる。

RIMG0184_convert_20101025114809.jpg
photo: チラシより「愛」の一部分

  私が好きだったのは、「愛」という作品です。
  龍人の顔が、とてもやさしく見えました。
  そこに手を伸ばしたい・・・自分の正直な気持ちでした。

  それから、2階にあった古代人の王妃墓・王墓。
  見ればみるほど不思議な墓で・・・
  墓なのに、肉体が残っていたり骨であったり。

  さかのぼってユーモアを感じたのは、まだ若い頃に作られた青磁の作品。
  今から約50年前に、唇の形やハートの形を青磁の模様にするとは
  当時にしては、なんと大胆な発想だったのだろうか・・・と
  にっこり笑わずにはいられませんでした。
  ・・・色がまたほんのり赤くてきれいでした。

ざっと、個人的な感想を書きました。

  作品を見ている時、「ん?ご本人が会場にいる?」
  よく似た人を見かけました。
  もし作家と同じ空間にいたならば、これはいいオーラをいただいたぞ!!
  なんて、勝手に喜んでいます。変な幸せモノです!!

●萩焼なんです!

私の知り合いは、今回の展示を伝統的な萩焼と思って行ったらしく、
「よ~わからん!」とグチをこぼしていました。

  私は、龍作さんの世界を本で読んでいたので、
  これはすごい!しかも今の年代で、こんな大胆な作品をつくるなんて!!
  そのエネルギッシュなところに、さらにひかれながら、作品を見ました。
  継承する者としての、さまざまな葛藤のなか、何を見て考えてきたのだろう・・・。
 
  これも萩焼なんです。山口県の土。
  人の発想が、新しい表現を生み出してくれます。
  
  伝統、継承することの大切さ。
  その伝統から創造することの大胆さ。
  いろんな意味で、三輪休雪さんの手仕事に刺激を受けました。

いつかお話を聞いてみたい・・・。そして、つくる過程を見てみたいです。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※いつも読んでいただきありがとうございます♪
この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります(*^^*)V



アートを楽しもう! | 11:51:54

FC2Ad