■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
和ろうそく -まちなかアート-
和ろうそく -ハゼの実ロウ復活委員会・田布施町-

維新公園で行われた 『青空天国いこいの広場』 で、 「和ろうそく 」 に出会いました。
一本一本が手づくりです。
tabuse rousoku5
和ろうそくとハゼの実

「オイショー・ トン、 コラショー・ トン、 オイショー・ トン・・・」
かけ声を合わせ、昔の餅つき機のようなモノで 臼をつきます。
蒸したハゼの実 (ろうそくの原料)を絞ります。
tabuse rousoku4
tabuse rousoku6

出てきた出てきた、 独特なハゼのにおい と、きれいなうぐいす色。
こんなモノから、ロウソクが出来るなんて・・不思議です。

さて、ロウソクのになる部分は和紙で出来ています。
この芯を中心に、絞ったハゼの実の液体をバームクーヘンのように
何重にも垂らし・巻きつけて太くしていく。
こうして、ろうそくが一本一本出来上がります。
tabuse rousoku3

日本の伝統文化はすごい! って思います。
↑ ↑ 上のろうそくを見て下さい!
ろうそくは滑らかに・まっすぐと上に伸びています。
何重にも重なるロウは、均等に弧を描いている。
職人の技ここにあり!

(現在、この仕上げをする職人さんが少なくて、
こちらの会でも、京都の職人さんにお願いをして形をつくっているそうです。)

tabuse rousoku1

そもそも 「田布施のろうそくを復活させたい!」
そんなオモイの人が集まったことから、この会(ハゼの実ロウ復活委員会)が出来ました。
想いをもった人がいるから、歴史ある文化がよみがえり次世代につながっていきます。

実際にろうそくを作るかたわら、
使っている道具よりコンパクトな道具をつくることで、
「ろうそくつくりの体験」 を各地で行っているそうです。
まち中で、こんな体験が出来るなんてありがたいことですね。
詳しくは、→ハゼの実ロウ復活作戦

お土産に、ろうそくをいただきました。
6月21日(土)、全国各地で100万人のキャンドルナイトが行われます。
その時まで、大切にとっておこう♪
tabuse rousoku2

【ハゼの実ロウ復活委員会】
〒742-1513 山口県熊毛郡田布施町大字麻郷3439-10
TEL: 0820-55-5402

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります。





まちなかアート | 02:56:17

FC2Ad