■プロフィール

まちアート3丁目

Author:まちアート3丁目
【photo】 - NICUのびっこより -

ひとつのモノを、いろんな視点で楽しみたい。そこには、発見・笑いあり!こども心い~っぱいの、わたしん家です。

家の近所に畑を借りて、ぼちぼち野菜作りを楽しんでいます。実家の田んぼもやってます。
田んぼや畑には、たくさんの生き物がすんでいます。
ありがたい・命をいただいています!

◇ - 『tennen』 - ◇
・open:月・火・水 10:00~16:00 (※祝日は、お休み)
・tel:  090-5696-3552

■最近の記事
■最近のコメント

■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「自分たちのメディアを創る映像祭」のお知らせ!
「自分たちのメディアを創る映像祭」

IMG_9201_convert_20110325095500.jpg photo: チラシより

2011年3月26日(土)・27(日)の両日、
山口情報芸術センター・スタジオCにて「自分たちのメディアを創る映像祭」
行われます。

入場無料・出入り自由の、ざっくらばらんな特別じゃない映像祭です。

なんと応募総数107点!
すべての応募作品が、部門別に2日間にわたって上映されます。

◆私も応募しました!!

IMG_9204_convert_20110325095636.jpg photo: チラシより

実は私、この映像祭に作品を応募しました。

  応募部門は、社会へ向けて部門。
  ここ2年くらい前から、自分の中につくりたい社会像があり、
  それに向かっての第1歩として、山口情報芸術センターで行われた
  meet the artist 2010 に参加してきました。

  「見えないモノを見えるカタチにしたい」
  一般的な報道からは見えてこない、ごく日常にあるモノ。
  そんなモノ・コトを、写真や動画で伝えていけるといいなぁ・・・。

当日は、会場にスタッフとしています。
ぜひ、ご来場ください~♪
きっと、これまで見たことのない視点を、作品の中から見つけることができますよ(^^)/

IMG_9205_convert_20110325095924.jpg photo: チラシより

 ◆「自分たちのメディアを創る映像祭」 
・日時:2011.3.26(土)27(日) 13:00~19:00
・場所:山口情報芸術センター・スタジオC
・入場料:無料
・申込:不要 全席自由 定員100名 途中入退場可
・問合せ先:山口情報芸術センター 083-901-2222

 ◆シンポジウムの開催 
両日、シンポジウムが開催されます。
・日時:2011.3.26(土)27(日) 15:30~17:00
・場所:山口情報芸術センター・スタジオC
・入場料:無料
・内容: 26(土) 『インターネット×映像』が変えるかもしれない世界
     27(日) 『自分たちのメディアを創るとは?』

  当日上映会場の外には、モニターが10台つるされています。
  そこでも応募作品を見る事ができます。(音声はありません)

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※いつも読んでいただきありがとうございます♪
この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります(*^^*)V




アートを楽しもう! | 03:22:12
吉村芳生展 ─とがった鉛筆で日々をうつしつづける私
吉村芳生展
─とがった鉛筆で日々をうつしつづける私


RIMG0102_convert_20101212065139.jpg
photo: 山口県立美術館より

現在、山口県立美術館にて開催中の、
『吉村芳生展-とがった鉛筆で日々をうつしつづける私』へ行ってきました。
なんと、いよいよ本日が最終日となりました!!

  実は展覧会を見る前に、鉛筆ってすげぇ・「22種類の黒鉛たち」
  という、ワークッショップへ参加してきました。
  その後、やっとのことでゆっくり展覧会を見てきました。 (ワークのことは後日書きます)

◆細かさに圧倒される!!

なんと行っても驚いたのは、新聞のドーリング。

  描くものがなかったから、新聞を模写したという作品は、
  新聞サイズに、詳細にあの小さな文字が再現されており
  ただ驚くばかり!!
  作品を見ていても、字が読めなくなるくらいに小さな文字の数々。
  それを新聞と全く同じに描いているのですから・・・・
  この描くことへの根気強さは、どこからくるものなのか??
  そんな風に、みました。

RIMG0101_convert_20101212065343.jpg
photo :山口県立美術館より

◆自分の顔365日

自分の顔を毎日描くという作品。これも若い頃から、描かれていたものなのです。

  館内にて上映されていた動画によると、
  ちょうど何を描いていいかわからなくなったとき、
  自分の顔を毎日ひたすら描いたと言われていました。
  それでも、なにも見えてこず
  ただ、技術がそこには増していた。
  それからも、何を描けばいいのかわかないまま
  徳地に住み、その徳地から新しい世界が開けてきたのだそうです。

◆県美展 大賞の作品

コスモス・徳地に住んで見えてきたもの・・・でしたか?
 (タイトルがこれでよかったか不安ですが)

  コスモスがいっぱい咲き誇る、吉村さんの作品。
  なんで、徳地に住んで見えてきたものなのか、
  よくわかっていませんでした。
  
  この徳地にある風景を描けばいいのだ。
  長いスランプを乗り越えたどり着いた場所、徳地で見つけたもの
  それがコスモスだったのです。
  この作品は半年以上かかって作成された大作なりました!!
 
  コスモスの作品から感じられる強いエネルギーは、
  いったいなんなのだろうと、どうして人をひきつけるのか!?
  そんな風に思っていましたが、
  今頃になって、吉村さんが描くコスモスの意味を知りました。

        RIMG0103_convert_20101212070540.jpg
        photo: 山口県立美術館より

美術というのは、おもしろい。

  以前見た作品を、たまたま数年たってみてみると
  以前感じることができなかったモノを、新しく感じることができる。

  作家が描いた時期は変わりはしないけれど、
  見ている私たちの時間は過ぎ、経験の中でまた作品をみる。

  感動を生む作品と言うのは、
  いつ何時みてもあきることなく、人に感動をあたえるのだ!
  そう思いました。

  そんな感動を生みだす画家さんが、山口県山口市徳地にはいらっしゃるのです。
  本日、最終日ですぞ。

◆おススメの展覧会

『吉村芳生展 ─とがった鉛筆で日々をうつしつづける私』
・会期:2010年10月27日(水)~12月12日(日)
・場所:山口県立美術館
・開館時間: 9:00~17:00(入館は16:30まで)
・休館日: 月曜日
・観覧料: 一般900円(700円)/シニア700円(500円)/学生700円(500円)     
※シニアは70歳以上の方、( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
※18歳以下、および高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在籍の方は無料。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※いつも読んでいただきありがとうございます♪
この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります(*^^*)V



アートを楽しもう! | 01:51:59
「龍人伝説」への道 三輪休雪展
「龍人伝説」への道 三輪休雪展 

RIMG0181_convert_20101025114614.jpg
photo:チケット・チラシより

2010年10月24日(日)、昨日のコト、「龍人伝説」への道 三輪休雪展の最終日に行ってきました。

  十二代三輪休雪のエロス(愛)とタナトス(死)の世界感を知ったのは、
  今から5年前くらいの話です。
  山口県立美術館の常設展示を見たときのコト。
  いったい、この人は何者なのだろうか? と、本を借りて読んだほど
  萩焼・焼きモノに対する衝撃を受けた作品でした。

  そして今回もまた、頭をひっくり返されるような衝撃と
  その発想のユニークさに
  体のどこかから湧き出てくる何かを刺激されながら、作品を見て来ました!
  「龍人伝説」には、ものすごい迫力を感じました。

●見せ方も素敵!

今回の展示は、新しく完成した浦上記念館・陶芸館を記念するべき作品として
展示されていました。

  会場はとにかく広くてきれい。
  作品そのものにも、圧倒される勢いを感じる中に、
  見せ方がうまいなぁ~と、楽しみながら作品を見せていただきました。

  照明がステキ!
  作品の入っているガラスケースに、作品が映りこむのですが、
  これがうつくしい~。ふっと浮かびあがるように、作品を見せてくれる。
  角度によっては、正面に立ちながらも、裏側の様も見せている。
  ぐるりとケースを周ると、今度は表が見えてくる。
  並んでいる作品を横から見ると、そこにその映りこむ光も見え
  この世の世界ではないような、会場の雰囲気でした。

●十二代三輪休雪は、すごい人なんだ!!

わぁやっぱりこの人はすごい人なんだ~と感じたのは、
スロープを上りながら、上から作品を見たときでした。

  上から見ても、作品の形がとっても美しい。
  無駄がない。その中に、人・龍人としてのしぐさがちゃんとある。
  筋肉をたどってみると、本当に微妙な部分まで再現されていました。
  だからこそ、気持ち悪いほどに動きを感じることができる。

RIMG0184_convert_20101025114809.jpg
photo: チラシより「愛」の一部分

  私が好きだったのは、「愛」という作品です。
  龍人の顔が、とてもやさしく見えました。
  そこに手を伸ばしたい・・・自分の正直な気持ちでした。

  それから、2階にあった古代人の王妃墓・王墓。
  見ればみるほど不思議な墓で・・・
  墓なのに、肉体が残っていたり骨であったり。

  さかのぼってユーモアを感じたのは、まだ若い頃に作られた青磁の作品。
  今から約50年前に、唇の形やハートの形を青磁の模様にするとは
  当時にしては、なんと大胆な発想だったのだろうか・・・と
  にっこり笑わずにはいられませんでした。
  ・・・色がまたほんのり赤くてきれいでした。

ざっと、個人的な感想を書きました。

  作品を見ている時、「ん?ご本人が会場にいる?」
  よく似た人を見かけました。
  もし作家と同じ空間にいたならば、これはいいオーラをいただいたぞ!!
  なんて、勝手に喜んでいます。変な幸せモノです!!

●萩焼なんです!

私の知り合いは、今回の展示を伝統的な萩焼と思って行ったらしく、
「よ~わからん!」とグチをこぼしていました。

  私は、龍作さんの世界を本で読んでいたので、
  これはすごい!しかも今の年代で、こんな大胆な作品をつくるなんて!!
  そのエネルギッシュなところに、さらにひかれながら、作品を見ました。
  継承する者としての、さまざまな葛藤のなか、何を見て考えてきたのだろう・・・。
 
  これも萩焼なんです。山口県の土。
  人の発想が、新しい表現を生み出してくれます。
  
  伝統、継承することの大切さ。
  その伝統から創造することの大胆さ。
  いろんな意味で、三輪休雪さんの手仕事に刺激を受けました。

いつかお話を聞いてみたい・・・。そして、つくる過程を見てみたいです。

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※いつも読んでいただきありがとうございます♪
この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります(*^^*)V



アートを楽しもう! | 11:51:54
キモチミエルカ  -アートふる山口 2010-
キモチミエルカ 

IMG_3333_convert_20101003000025.jpg
photo: 惣野旅館前より

昨日、アートふる山口(山口市一の坂周辺)の会場にて、
映像ワークショップ 『キモチミエルカ』 のワークショップに
参加してきました。 (ワークショップをするほう側の立場です)

  これは、デジカメを三脚に固定し、
  ズームなしで 1分間撮影するという、だれでも出来る撮影方法で
  作品を創る映像体験をすることができるワークです。

●撮影する

IMG_3483_convert_20101003000329.jpg 
photo: 撮影中

撮影するってなんだか難しそうでしょう~。
でも今回の撮影方法は、だれでも出来るものです。
三脚にカメラを固定してしまえば、カメラが勝手に撮影してくれます。

  スタッフとして関わる中で、すごいな~って思ったのは、
  ほとんどの人が、三脚なんか使ったことのない人にも関わらず、
  一度やり方を説明すると、
  ちゃんと三脚を持って移動、撮影ポイント選び・カメラ設置、撮影。
  それを簡単にこなしていかれるのです・・・。オミゴト!!
  
  室内での説明タイムでは、やや不安な顔。
  でも、外へ出て撮影になってしまえば
  どなたも、ちゃんと撮影ポイントを決めて、スタートボタンを押すのです。
  もうあなたは映像監督!!

  「わぁ~すごい。」

●完成作品
撮影しているときは音がありますが、作品としては音を消します。

  いつもの風景なんだけど、無音になると
  なんとなくそこにある別のものが見えてくる・・・
  そんな作品がたくさん出来ていました。

  今回出来上がった作品は、後日 you tube にてアップされる予定です。
  どなたでも、見ることが出来ますよ。

●今日・10月3日もあります!
さて、このワークショップは今日も、惣野旅館にて開催します。
明日は雨かなぁ・・・・?
雨は雨なりに、ステキな発見があるようです。

  今日の私は、『キモチミエルカ』の映像ワークショップの隣の部屋で
  映像発表会をやっています。
  よかったら発表会も、見に来てやってください(^^)V

        IMG_3439_convert_20101003000908.jpg
        photo: 会場の中より 白い顔文字の風船が目印です!

●映像のワークショップ
映像のワークショップは、山口情報芸術センターにて開催中の
meet the artist の一環のワークショップです。

・開催日:2010年10月2日 3日
・時間:2日・11:00~16:30 3日・11:00~15:30
・場所:惣野旅館 slowf横
・参加費:無料

●映像発表会
山口市市民活動支援センター「さぽらんて」で開催された
映像講座の発表会です!

  参加者の9名のオリジナルの作品(3~5分)の、映像発表です。
  それぞれ個性のある、作品をお楽しみください。
  もちろん私の作品もあります~~♪

・開催日:2010年10月3日
・時間:11:00~14:00
・場所:惣野旅館 2階
・入場料:無料

雨でも、お待ちしています~~~♪

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※いつも読んでいただきありがとうございます♪
この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります(*^^*)V


  

アートを楽しもう! | 00:15:25
キモチミエルカ   -アートふる山口 2010-
キモチミエルカ 

RIMG0132_convert_20101002073441.jpg photo: チラシより

本日と明日(10月2日・3日)、アートふる山口の会場にて、
映像のワークショップ・映像制作発表会を行っています。
 『キモチミエルカ・気持ち見える化?』

    いつもは見えていなかったコトが、見えてくるかも!!?
    アートふる山口会場へお越しの際は、惣野旅館へお立ち寄りください。

●映像のワークショップ
映像のワークショップは、山口情報芸術センターにて開催中の
meet the artist の一環のワークショップです。

  喜怒哀楽をテーマに、デジカメを三脚に設置し、
  アートふるの会場内で、1分間固定カメラ・ノンストップで映像を撮影します。
  だれでも、簡単にできる映像制作です。

・開催日:2010年10月2日 3日
・時間:2日・11:00~16:30 3日・11:00~15:30
・場所:惣野旅館 slowf横
・参加費:無料

●映像発表会

RIMG0054_convert_20101002074620.jpg
photo: 私が取材した小田さん家の卵です。
RIMG0051_convert_20101002075026.jpg
photo: メンバーが「わっか屋」さんを取材中!

山口市市民活動支援センター「さぽらんて」で開催された
映像講座の発表会です!

  参加者の9名のオリジナルの作品(3~5分)の、映像発表です。
  それぞれ個性のある、作品をお楽しみください。
  もちろん私の作品もあります~~♪

・開催日:2010年10月3日
・時間:11:00~14:00
・場所:惣野旅館 2階
・入場料:無料

今日も、いい天気になりそうですね(^^)/

※本ページの画像等の無断転載複写を禁止します。
※いつも読んでいただきありがとうございます♪
この記事を読まれて 『この内容に○・共感できる・写真が○』 と思われる方は、
下の ↓↓ 拍手ボタンをおして下さい♪ 拍手が、励みになります(*^^*)V



アートを楽しもう! | 07:27:21
前のページ 次のページ

FC2Ad